北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ウィダーインダイエット

布団の上で、ツイッターを読んでいたら、目が痛くなった。ここのところ目が痛い。目が痛いのは、栄養が偏っているからなのではないだろうか、と頭を掠めた。

 

腹が減った。眠れそうにない、と布団から出た。

 

10月から、私はダイエットをしている。

 

これまでも何度となくダイエットに挑戦し、3㎏ほど体重は落ちるものの、あっという間に元に戻り、戻ったと同時に、気持ちも萎え、無理、無理、ダイエットなんて、無理、と思っていたが、やはり、ダイエットをしたい。

 

10月から1ヶ月に3㎏ずつ減量し、2020が終わる頃には9㎏ダイエットすることが目標。

 

これまでも、このブログで宣言をしたが、今回は、職場で宣言をした。

 

手始めに、8時間ダイエットをしている。

 

8時間ダイエットとは、最初に口にしたものから8時間以内は何でも口にして良いというもの。美容師さんから訊いた。今度、その話を訊いた美容師さんにも宣言をしよう。私、8時間以内ダイエット始めましたって。

 

で、8時間以内というのが、なかなか厳しい。私のライフスタイルだと、1日に1食しか食べることができない日も結構ある。今日が、まさしくそう。

 

8時間以外で、お腹が空いたら、ウィダーインゼリーを飲むことにしている。だから、私は、8時間以内ダイエットとは呼ばず、ウィダーインダイエットと呼んでいる。

 

これを1ヶ月続ける。1ヶ月後に体重を計る。途中では一切、体重を計らない。なぜならば、あまり減っていなかったら、気持ちが萎えてしまうから。

 

今日は、ウィダーインゼリーがない。というか、ウィダーインゼリーという頭はなく、台所に行き、やきそば弁当の封を切る。

 

ソファに座り、ふと時計を見ると、23:45。 

 

やきそば弁当を食べ終わり、こうしてブログを買いている。

 

それにしても目の調子が悪い。