北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

life

生活

私が所属するチームに新たな仲間が加わる日、私は休みだった。勤務日にしておくべきだった。困っていることはないか、と、携帯で、皆の状況を確認した。慌ただしくあるようだが、困ってはいないようだった。新たな職員にとって、新たな職場は、どのように映…

百年

歯科の待合室で、友田とん『『百年の孤独』を代わりに読む』を読む。ガブリエル・ガルシア=マルケス『百年の孤独』は、自宅の本棚に並んでいるが、まだ読んでいない。どのようなきっかけで、『百年の孤独』を読みたくなり購入したのかも記憶にない。友田と…

品位

コンビニの店員の所作や言葉が雑というか、荒くて、苛々した。どんな奴なのだろう、と顔をあげると、名札には若葉マークが貼られていた。ここで声を荒げると、逆に私の品位が疑われる。というか、それは、日頃の仕事でも言えることで、品位を保つためには、…

2回目のワクチン接種

ワクチンを早く打ちたいという積極的な姿勢ではなく、仕事柄、打たないといけないよね、仕方ない、と、1回目の接種が終わったのが8月下旬で、今日が2回目の接種の日だった。2回目の接種が本番みたいな感じだから憂鬱だった。 接種会場で、案内係の女性が、私…

創作

日記屋月日というお店のサイトを眺め、Instagramを眺めていた。 そこに1冊の気になる本と出会った。作者不詳の『創作』というタイトルの本。 日記屋月日には、こう紹介されている。この日記について分かっているのは、持ち主が文学者を目指す若者であるとい…

お盆

キャンプで使用する手斧を、ばあちゃんちにもらいに行くために車で向かった。ばあちゃんちというと、ばあちゃんが生きているように感じるが、ばあちゃんは、今年、亡くなったので、正確に書くと、もともとばあちゃんが住んでいた家と言うことになる。いつも…

当たり前の価値観

キャンプ場の夜は長い。本を読めるだけの明るさかが、ランタンを選ぶ基準だった。 キャンプ場で、滝口悠生『長い一日』の続きを読んだ。 妻が自分のことを小説に書いたのが許せないと怒り、講談社へ抗議に行くという場面がある。読者の私からすると、そんな…

肉は肉屋

東京オリンピックの野球日本代表が金メダルを獲得した翌日の朝、私は、コンビニで二紙のスポーツ新聞を手にし、レジに並んでいた。店内には、私以外に、おじさんが2人、同じようにスポーツ新聞を手にして並んでいた。舞台裏を知りたいというのもあるし、喜び…

ふと

20代の頃は朝が辛くて、出勤時間ギリギリに出勤していた。朝が辛いというか、仕事が辛かった。 今は、朝、起きるのが苦ではなく(年齢を重ねた良かったことの一つ)、出勤時間の1時間前には職場に着き、仕事をすることもあれば、車の中で読書をすることもあ…

キャンプをした朝のような肌寒さだ、と起きた。窓を開けっぱなしで寝ると、こうなる。 ノートパソコンが正常に起動しなくなり、サポートセンターに問い合わせた。いくつかの方法を試すが、故障ですね、と告げられる。あまりにも突然の出来事だった。前日まで…

人類が、火と出会ったのは、山火事が初めてで、焼け焦げた動物をたまたま食べたら、美味しかったから、人類は、火で調理をすることを初めたんだよ。で、火を見たら、わくわくするのは、その頃の歓喜の記憶がDNAに刻まれてるというわけ。と、焚き火台の火をい…

デイキャンプ

夏、真っ盛りという感じ。 デイキャンプでもするかと思い立ち、ホームセンターで、クーラーボックスと焚き付けと木炭を購入し、スーパーで焼き鳥を買って、自宅から30分ほどのキャンプ場を目指して車を走らせた。 初めて行くキャンプ場で、池といえば良いの…

メロン

不在連絡票を手に郵便局に行った。実家からメロンが届いた。毎年のように、実家からメロンが送られてくる。もう何年になるのだろう。20代の頃は、メロンを切るのもめんどくさくて、実家から送られて来たメロンを、お世話になった人にあげていた。自分は食べ…

応援したくなる理由

昼寝から目が覚めると、15時で、病院に行く予定だったけれど、めんどくさくなって、また眠りについた。30分後に、再び、目が覚めて、病院が何時までやっているかを調べると、18時だった。18時なら行けそうと思った。そういえば、いとこからの小包も郵便局に…

カンダバヤシ語録

鬱病なのか、鬱気味なのか、職場の後輩から、体調の調整ができないので、一度、話を訊いて欲しいというLINEが来て、私が話を訊くより、坂口恭平『躁鬱大学』を読む方が助けになると思い、今すぐにでも、読めるようにと、noteのURLを添付して、今、この本を読…

探し物

北の大地には爽やかな風が吹いている。夜になると肌寒いくらいで、カーディガンのような長袖が必要だ。そういえば、春に購入した黒のカーディガンが見当たらないことに気づいた。行きそうな場所を隈なく探し、それでも見つけることができず、職場の人々に尋…

amazon prime day

昼寝をして起きたら12時になっていた。昼寝を何時からしたかもわからず、昼寝の前に何をしていたかも覚えておらず、もしかしたら昼寝をしたのではなく、ずっと寝ていたのかもしれないと思うほど、午前は、無為に過ぎていった。 12時だから昼食を食べようと思…

YouTube

1週間ぶりの日記である。この1週間、何をしていたかというと、主にYouTubeを観ていた。休みの日は動画を観ているという人の気が知れなかったが、やっと私も理解できた。確かに、YouTubeはおもしろい。 思えば、ONE PIECE1015話を読んで、ONE PIECE熱が冷めや…

大人とは?

休日は、ほぼ昼寝をしている。昼寝をしようと思って、昼寝をしているわけではなく、本を読んでいたら、眠くなる。ちなみに、本は、布団の上で、横になりながら読んでいることが多いから、昼寝も、布団の上で気持ちよく眠れる。つまりには、長い時間の昼寝と…

1015話

朝食を買いにコンビニに向かった。そういえば、今日は、月曜日だった、と小躍りしながら店内に入り、ジャンプを開いた。ワノ国編から、ONE PIECEを立ち読みしている。もう単行本が発売されるまで待てない。1015話『縁』。あまりにもおもしろくて、そこがコン…

検査結果

電子カルテに書かれたR/O転移の疑いって何ですか?と訊いた私に、医師は、どこか言いにくそうに、肺癌のことですと言った。検査結果は2週間後だと言われ、この2週間は、いつもと違う2週間を過ごした。 誰だったか、最悪を常に考えるようにしている、という…

青さが完全に消えたような人間には魅力を感じない

ここのところ休みの日には、病院に行っている気がする。今日は、耳鼻咽頭科に行った。舌にできものができ、痛くて行ったのだが、舌は、耳鼻咽頭科ではなく、口腔外科らしい。耳鼻咽頭科の受付で知った(受診前に、ネットで、舌、痛いと検索してはいるのだが.…

袋麺

初めて買った袋麺が、まずかった。5袋入りで、2袋を一気に食べたので、残るところ、3袋。捨てるには忍びなく、かと言って、他に方法が思い浮かばず、とりあえず食べずに置いておいたところに、マツコの知らない世界。汁なし袋麺の世界を、たまたまテレビの…

古畑任三郎です。

「惜しい。もう少しでゾロ目だったのに…。今日はパチンコに行かないほうが良いわよ」 体重計をみながら看護師が言った。 「パチンコはやめました」 私はそう言いながら、やめたというより、行かなくなったというほうが正しいな、と心の中で呟きながら、椅子…

自分が知らないだけ

一度、発熱して、治ったと思ったら、発熱し、つい先日も、この喉の痛みは、発熱するやつだな、と思って、病院に行った。扁桃腺は繰り返すと言うが、ここまで繰り返すのか、発熱と隣り合わせじゃないか。こんな世の中にと思った。以前、扁桃腺をとれば良いよ…

ジャイアン

休みたいなあとは思うけれど、朝、そんなに行きたくないとは思わない。職場に行くと、そう思っていたことも忘れ、あっという間に1日が終わる。それは、幸せなことだと思う。 自宅に帰ってきて、ニュースをみると、新型コロナウィルスの新規感染者数は300人…

なにもないがすべてがある。

新型コロナウィルス感染拡大が気になり、できるかぎりのステイホーム。本を読み、昼寝して、だらだらと、だらだらと過ごしている。この過ごし方は、いつかやりたいと思っていた1年間、本だけを読んで過ごしたいと思っていた過ごし方ではないか、と思ったが…

発熱

もしかしたら熱が上がるかもしれない、と思った夜に、38度を超えた。一日で回復するような体調ではないと観念し、職場に連絡した。こんな時代だから、具合が悪いのに、謝罪しなければならない。電話越しに、迷惑さが滲みでていた。真面目な奴がいい奴だとは…

魅力

ギャップが、その人の魅力をつくるのではないだろうか。となると、自分が周りにどのような印象を与えているかを知る必要があり、その印象の逆をいくのが良いのだろう。私の場合でいくと、よく怖いとか、話しかけづらいと言われるから、逆に、話しかけやすく…

四十九日法要

祖母の四十九日法要だった。住職が、私の目を見て、堺正章が出演していた西遊記をご存知ですか?と訊いた。私はうなずく。香取慎吾の西遊記もあるな、と今、思い出した。西遊記にも登場する三蔵法師が、お釈迦様の教えを訳して、中国に伝えたと言っていた。…