北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

つながりは、いま救われているのか?

 生活の批評誌を読みながら、生活について考える日々を過ごしている。生活とは、生きている毎日のこと。であるならば、生活をテーマとして何かを書くということは、あらゆる事柄が含まれるのではないだろうか。では、暮らすは?生活と同じような言葉だけど、生活すると暮らす、2つの言葉があれば、そこは微妙に意味が変わるのではないか。暮らすは、住まいと関係するもののような感じがする。では、人生は?英語のlifeは生活とも人生とも訳される。生活は、短い期間で、生活が積み重なったものが、人生か。そんなことを考えながら、生活の批評誌第2号を開いた。つながりは、いま救われているのか?という特集で、この特集を知って、この生活の批評誌を俄然、読みたくなった。

 だが、あたかも明るい未来を約束してくれそうなつながりは、本当に私たちを救ってくれているのだろうか。生活の批評誌第2号p14

 私も、つながりに疑問を持ったことがある。誰かに押しつけられるつながりであれば、それは居心地の悪いものになる可能性があり、居心地が悪いものであればつながりを必要としない。それが、しがらみになるのだろうか。だが、一方、つながりが必要だと思っていて、そのつながりに強弱がついていたり、一元的な価値観を押しつけられないものであって欲しいと思っている。

 「君が得た知識はどこで得たのか?習ったか?それを自分で確かめたのか?」と言われたんです。私が自分の意見だと思っているものが、初めてまともに反論あった。で、考えてみると、あれ?大人の受け入りやったかも。自分の頭で考えてなかったな意外と、と思ったんです。・・・自分の集めた情報が自分の中で統合されていって、言葉になった時の自由になる感覚が楽しくて、この感覚をもっと多くの人が感じれたらいいなって思いました。自分が考えている物事を逆サイドから見てみるとか、前提とする物を疑ってみるみたいな経験は非常に重要で、教育でやりたいなと思った。生活の批評誌第2号p36-37

 生活の批評誌を読みながら、私も自分で本を作ってみたいな、と思った。この10年くらいの日記を加筆修正したら、どれくらいの量になるのだろうか。10年単位で、本にしていけたらな、と思った。本にして、ネットで売ったり、店に置いてもらえたら嬉しいだろうなとか想像しているだけで、ワクワクしてきた。先日、札幌で文学フリマを開催されているのをTwitterで知ったり、こうして、生活の批評しとして、自分たちで発信している人たちに触れているからだろうか。

 チームの仲間から、ここのところえげつない業務量だと連絡がきた。何の業務がえげつないことになっているのかをまずは訊くことから始めよう。

喪失と回復

 その人が置かれている状況を、いかに自分ごととして考えることができるか。そんなことを時々、考えてきた。誰かに起こることは、自分にも起こり得る。そう、自分に言い聞かせてきた。

 生活の批評誌第1号を読みながら、よくはわからないが、何か大事なことを言っているかもしれないと思った。 

アイデンティティとは、自分の属性のことだ。このアイディンティティというものに訴えてくるからこそ、人間は長い間、強く連帯することができる。たとえば、黒人の公民権運動などは、黒人にとって「これは私の問題だ!」と思えたからこそ、長く闘い効果を収め、いまも闘いうるのだ。そして、東は、新たなアイデンティティが必要だという。東はそのひとつとして「家族」を持ち出す。生活の批評誌第1号p31

・・・他人の苦しみを想像し「われわれの一員」にするというよりも、「欠けたもの」を相互に回復するための連帯であった。それが『この世界の片隅に』が描いた連帯のかたちであり、子どもを家族に迎え入れるための論理である。東は家族を一つの運動とみている。「ある子どもが偶然に生まれ、偶然で死ぬ。そして、また新しい子どもが偶然で生まれ、いつの間にか必然の存在へと変わっていく・・・。『中略』・・・僕は、一般にその運動を家族と呼んでいる」(『観光客の哲学』、p298)。同時にまた、家族は「欠けたもの」を回復する運動であるのだ。これは子どもだけではない。自分の祖父母が欠けて、子どもが生まれる。もちろん、祖父母と子は異なる。しかし、次には祖父母となり、自らが親となる。そのような循環で、家族は「欠けたもの」を回復していった。その駆動力になるのは、喪失と回復というお話の法則に則る物語的な愛である。生活の批評誌第1号p39

 わかる。わかると思ったが、この考え方でいくと、私が目指しているところには到達できないような気がした。東浩紀『観光客の哲学』を読んでみようかな。生活の批評誌を読んでいるだけあって、常に生活とは?を考えながら読む。

「生活」とはなんだろうか。毎日呼吸をするとか、生命を維持してゆくことなのだろうか、あるいは「生命ある主体」として能動的になにか活動することなのだろうか。・・・「この世に存在する、死んでいる有機物や無機物ではない生命」を指すばかりでなく、「それらの誕生から死までの期間」、さらには「そのなかでの活動、生き方の様態」までを表してさえいる。・・・「生活」とは、「今まさに生きている」、という主体の生きているその「さま」なのだ。生活の批評誌第1号p61

ただ呼吸をしているだけではなく、家事や、賃金労働や、他者との関わりのなかで生きていくことが「生活」なのであり、その「他者との関わり」のなかに「批評」も位置づけられているといえよう。生活の批評誌第1号p63

 短い期間で見れば、「生活」であり、長い期間で見れば「人生」ということだろうか。

生活

 私が所属するチームに新たな仲間が加わる日、私は休みだった。勤務日にしておくべきだった。困っていることはないか、と、携帯で、皆の状況を確認した。慌ただしくあるようだが、困ってはいないようだった。新たな職員にとって、新たな職場は、どのように映ったのだろうか。

 日用品も買いに行かなければならないし、眼鏡も見に行きたいけれど、億劫になってしまい、朝食を買いに行ったきり、外には出ず、夜を迎えた。日中は、YouTubeで動画を見たり、携帯でプロスピAをしたり、昼寝をしたり、渡辺拓也飯場へ』を読んだりした。

 夜になり、生活の批評誌という同人誌を開いた。生活の批評誌は、柿内正午『プルーストを読む生活』を読んで読みたくなった同人誌だった。

 現代生活と民藝というタイトルのコラムに、『生活の柱となる衣食住・・・』と書かれており、ふと、今月、プレゼンする内容と関係することかも、と思った。衣食住について調べるためにWikipediaを開いた。Wikipediaには、こう書かれている。

 生活とは、基本的に命をつなぎ活動することであり、また生きながらえるために行う様々な活動である。人は生き続けるためには、少なくとも何らかの栄養は取らなければならず、(一般に)身体に何かをまとうことで体温を保つ必要があり、また野の雨や風をしのげる場所で眠りをとることを必要とする。つまり食べること、着ること、住うことである。日本では、そうした生活の基本を漢字で簡潔に表現しようとする時は衣食住などと表現する。「衣食住」の基本は、人が生活していく上で必要な、食(食事)、衣(衣服)、住(居住、雨風をしのげる寝場所)の確保である。

ja.wikipedia.org

 生活について考えを深めたいと思う。

6人目

  モチベーションを上げるにはどうしたら良いだろう?と考えたのは、たぶん、社会人3年目のこと。当時の上司にも、どうしたら良いかアドバイスをもらったが、どんなアドバイスをもらったのかも忘れてしまった。あの頃の私は、ピンとこなかったのかもしれない。いつの頃からか、モチベーションを上げるにはどうしたら良いだろうと考えなくなっていた。というか、無理に感情をどうこうしようとすることもしない。しいて言えば、怒りのコントロールはする。

 で、モチベーションである。今は、モチベーション云々の前に、責任(役割)を全うしようと思っている。よって、仕事がモチベーションに左右されない。もちろん、今日はだるいな、ということはあるし、休みたいな、と思うこともある。モチベーションより意識するのは、問題意識かもしれない。問題意識を持つと、自ずから、モチベーションは上がる。

 早いもので、明日から10月である。10月から私が管轄している拠点には仲間が1人加わる。6人目である。私は、どんな人と一緒に仕事をするかを重視している。面接で、好きな映画か本を教えてくださいと訊いたら、男はつらいよ、です、と応えたのが印象的だった。女性だからなおのこと。

 フレデリック・ラルー『ティール組織』を読んでいたら、1チームの人数は12名を超えてはならない。この人数を超えた場合にはチームを分割する、と書かれていて、なぜ12という数字なのだろう、と気になった。1チーム何人までかということは考える。よく考える。現在のところ、10人を超えると、厳しいかなとは思っている。これまでの経験から。だから、今のところ仲間は9人までにしておこうと思っている。

 仲間の人数といえばONE PIECE。ルフィは、仲間は10人欲しいなあ、と言っていて、現在9人。だから、巷のONE PIECEファンは、当然10人目は誰だろう?ということになっている。百巻を超えてなお、新たな仲間が加わる漫画って、よくよく考えたら、珍しいことであり、そこがONE PIECEのおもしろいところでもあるのだな、と思う。

 

百年

 歯科の待合室で、友田とん『『百年の孤独』を代わりに読む』を読む。ガブリエル・ガルシア=マルケス百年の孤独』は、自宅の本棚に並んでいるが、まだ読んでいない。どのようなきっかけで、『百年の孤独』を読みたくなり購入したのかも記憶にない。友田とん『『百年の孤独』を代わりに読む』は、『百年の孤独』を読みながら、想起されたテレビドラマなんかに話題が脱線していくといった感じで、今のところ展開している。

 歯科衛生士に名前を呼ばれ、6番の部屋に通される。今日は、右下を麻酔して治療しますとのことだった。前回は30分で終わると言われた気がしたが、麻酔をして治療するとなると、30分では終わらないのではないかと思ったが、1時間も、30分もさほど変わらないとも思った。麻酔の進化には感心する。注射が打たれているのかどうかわからない。つまりは注射の痛みがない。麻酔が効いているから、治療の痛みもない。痛くないのなら、歯科はそれほど恐ることはない。

 昼食前の歯科治療だったため、麻酔が切れるまで、昼食をとれず、パソコンを開いた。大谷が10勝目を目指し、登板していることを知った。大谷が、ホームランを打ったかどうか、気になる毎日。二桁勝利二桁本塁打を達成すれば、ベーブルース以来103年ぶりとのことだが、仮に、今年、達成できなかったとしても、来年か再来年には達成するのではないかとも思っていて、それくらい現実味がある。それよりも本塁打王になるほうが難しい気もする。ここまできたら103年ぶり快挙も本塁打王もみてみたいというのがファンの願いではあるが、もう十分楽しませてもらっているので、どちらでも良いという気もする。ベーブルースの記録に挑むということ自体が震える。

 研修を動画で視聴する。講師を見ながら、この人は、一見、すごさがどこにあるかわからないが、すごいのだろうと思う。そう思った瞬間に、エヴァンゲリオンを思い出した。話がよくわなからないが、おもしろい。よくわからないが、すごいとか、よくわかならないが、おもしろいと思わされるのは、どこからくるのだろうか。

品位

 コンビニの店員の所作や言葉が雑というか、荒くて、苛々した。どんな奴なのだろう、と顔をあげると、名札には若葉マークが貼られていた。ここで声を荒げると、逆に私の品位が疑われる。というか、それは、日頃の仕事でも言えることで、品位を保つためには、苛々は、そう簡単に感じられてはいけない。そういえば、最近、苛々しているから、穏やかに働こうと言い聞かせていたのを思い出した。

 その足で、以前から行きたいと思っていた眼鏡屋に行った。4年に一度、眼鏡を新調したいと思っていて、どんな形の眼鏡が欲しいかも決まっているけど、買いに行くのがめんどくさくて、まだ買っていない。眼鏡かけて良いですか?と店員に訊き、どんな眼鏡を探していますか?と問われ、こんな感じの眼鏡です、と応えると、では、これはいかがですか?と渡された。この眼鏡はヴィンテージです、と言われて、ヴィンテージって響きだけで、高いそうですね、おいくらですか?と訊いたら、うちの眼鏡は、最低、ライン10万円です、とのことだった。2つで100万円の眼鏡を、簡単に出すお客さんもいるとのことだった。40代からの顧客が多く、品位や落ち着きを感じさせる眼鏡がコンセプトですというようなことを言っていて、そのコンセプトは好きですけど、私には手が出せません、と応えた。先日、本で読んだお金をもらうのは上から目線が大事と言う言葉を思い出したが、この店員の上から目線は、好感が持てないと思った。そんなに高いお金を出すのならば、好感を持てないと言うのは致命傷なのではないか。品位を保ちたい。

奇跡

 本を読みながら涙することは貴重で、涙した本は、わりとはっきり覚えている。漫画を読んで泣いたのは、メリー号との別れのシーン(ONE PIECE44巻)以来だなと、宇宙兄弟40巻を読みながら思った。

 物語の中心である兄弟それぞれの人柄と、兄弟関係、いや、両親、含めた家族関係が、この漫画の魅力の根幹だな、と40巻を読みながら、改めて感じた。小説についても同じことが言える。登場人物をいかに魅力的に書けるか。宇宙のことや奇跡のことについて考えると、不思議な感覚になる。今、こうして存在していること自体も奇跡で、人と人との出会いも奇跡と思わずにいられない。偶然なんだろうけど、必然とも思えるというか、運命というものがあるような気さえする。

 

「お前には羽がある。大きくはばたけ。わしらの羽はもう小さくしぼんでしもうた」渡辺拓也飯場へ』p130

 

 私は、シャワーを浴びながら、20代の頃を思い出していた。職場で、40代女性から聞いた言葉。あなたには、可能性がある。その可能性というのは、仕事を選べるという意味だろう。私は、その人が転職したいのかなと思った。当時の私は、可能性があると言っても、どう、その可能性を活かせば良いのだろうと思った。

 『飯場へ』の著者は、どんな職業を選択するのだろう、既に何かしらの職についているのだろうか。飯場での経験を活かす仕事は何か。勝手にそんなことを考えていたら、実践家であって欲しいな、と思った。