北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

このマンガがおもしろい2022

意識せずに、疲れたあ、と何度となく呟く日も珍しい。まさしく疲労困憊で、次の日が休みで良かった。 朝起きて、除雪をして、マンガを読んでいたら寝ていて、遅めの昼食に、いつものラーメン屋に行き、醤油ラーメン大盛を食べ、その足でTSUTAYAに借りた本を…

雪女

北海道には珍しく水分を多く含んだ重い雪が降った日でした。信号待ちだったか記憶は定かではないのですが、車が道路上で、少しの間、停まっているときのことでした。助手席の窓を、こんっ、こんっ、と、女性がノックしました。車の窓を開けると、女性は、コ…

マンガを読み一日が終わった。

他人から、おもしろかったマンガの話を訊くのは面白い。たくさんオススメのマンガを訊いて、一日中、マンガを読んでいた。初めは、携帯でマンガを読めるアプリをダウンロードして、読んでいたのだが、一気、読みしたいマンガもあって、TSUTAYAからレンタルす…

教養

昨年末に、今年、やり残したことを教えてくださいと言われ、免許証の更新です、と応えた。年が明け、気づけば、免許証の有効期間も残り10日を切り、めんどくさいとも言っていられなくなり、免許試験場へ免許証の更新をしに行った。ポケットには、瀧本哲史『2…

正月三が日といえばブックオフ

『人気漫画家39人が選ぶ!本当にすごい漫画はコレだ!2022』を観た。同業者から、すごいと言われるのは嬉しいことだよなあ、と思った。印象的だったのは、『壬生義士伝』の紹介で、作者のながやす巧さんは、原作の浅田次郎の小説を七回、書き写したあとで、…

世の中捨てたもんじゃない

干支が寅年だと知り、年男の父親が何歳かを計算して、実家に帰ろうと思った。shabby sic ポエトリーから届いたCDをかけながら、車を運転した。カーナビが新しくできた高速道路を指し示した。長いこと作っていた高速道路が通れるようになったんだ、と思った。…

チプルソ

とあるレコードショップから届く小包。小包を開け、うわあ、と声を発した。いつも、なんらかのチラシを入れてくれるのだが、先日、インスタグラムでも知ったコータさんの作品展のチラシだった。新潟との距離が一気に近くなった気がした。せっかくだから、そ…

2021年特におすすめしたい本

鈴木忠平『嫌われた監督 落合博満はどのように中日を変えたのか』も残すところエピローグのみとなった。このまま読了したいところだけど、日付が変わろうとしていることもあり、こうして、ブログを書くことにした。読み終わろうとしている、今、思うのは、落…

嫌われた監督

鈴木忠平『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』が、猛烈におもしろくて、気づけば、もう半分を読んだ。タイトルのとおり、落合が監督をしていた頃、どのように中日を強くしていったかという内容なわけだけど、ここまで読ませるのは、選手だったり…

日記

雪かきしては、柿内正午『町でいちばんの素人』を読み、雪かきしては、『町でいちばんの素人』を読んだ。日記は、どうしてこうも、おもしろいのだろうか。人の私生活を垣間見たいわけではない。『街でいちばんの素人』でいえば、読書日記でもあり、読みたい…

熱狂

アパートの玄関ドアが開きづらいほどに、雪が積もっていた。ゴミ袋を抱えて外に出ると、長靴を超えて雪がズボンにまとわりついた。雪はいつから降り続いているのか、今もなお、深々と降り続けている。 休みだし、雪はねは後にしようと、佐渡島康平『WE ARE L…

新宝島

ポストに手を入れると、不在連絡票が3枚入っていた。遅めの出勤日だったので、早めに郵便局に荷物を取りに行った。一つは、実家から届いたもので、みかんや蕎麦などの食べ物が入っていて、あとの二つは、どちらもネットで購入したジャケットだった。私は、早…

プロとして

ひさしぶりの三連休だったためか、調子がいまいちだなあと思いながら、メールやLINEやSlackなんかを確認していった。その一つに、今日、食事どうですか?というメッセージがあり、通常、急な申し出は断るのだが、そもそも、私が、忘年会しようと言ったという…

カツスパゲティ

コンビニで豚まんとアイスコーヒーを買って食べ、美容室に向かった。向かう道中に、紙の本を出したいよなあ、と、ふと思って、出すのならブログを書いて20年という節目の年が良いのではないかとか、表紙は誰に頼もうかだとか、内容について考えていた。 美容…

谷口ジロー

冬になると除雪もあるし、窓が凍っている可能性もあるので、早めの出勤は必須。その日も、早めに出勤し、その日、使用すると思われる車両の全ての雪をはらい、車のエンジンをかけた。立場が違うだけで心持ちが変わるもんだな、と思った。私が20代だった頃は…

花束

柿内正午さんの新作出てないかなあと、ふと頭に過ったのが数日前で、パソコンで検索したら、『会社員の哲学』と『町でいちばんの素人』が作られていて2冊、買った。不在連絡票を手にして郵便局に取りに行き、いつも行くラーメン屋に、『会社員の哲学』を持参…

徹夜

スーパーで、ペットボトルのお茶を買い物カゴに入れ、おにぎりを探したが、時間も時間で見あたらず、スーパーに近いローソンに行き、おにぎりを6個(シャケ3個と昆布3個)、からあげクンが4個しかなく、4個買い、職場に戻る途中で、感染予防の観点から一緒…

いる

体は大きいですが、心はノミみたいに小さいです、と自己紹介するほど、人一倍、ネガティブというか、臆病というか、よく言えば慎重な部下がいる。人に褒められても、びっくりするほど、奢らないし、油断しない。仕事の安定感は、チームのなかでも随一。ただ…

関係性

他者のことって、わからないもんだなあ、と思いながら、車を右折し、会社の駐車場に入った。今年、そう思うことが今回で2度目だ。駐車場に車を停め、会社の玄関に入って、アルコールで手指消毒をし、2階に上がる。すでに部下が何人か出勤していて、挨拶を交…

流れ

朝、起きて、なんとはなしに、ネットで冬用コートを見ていたら、欲しくなって、衝動的に購入した。この前、ネットで購入したジャケットは、サイズが合わなかったので、試着しないで購入することに不安はあるのだが、この安さで買うことって、そうそうできな…

新潟

うっすらと、雪が積もった。例年になく、雪が積もるのが遅い。にもかかわらず、気づけば、今年も、もう終わろうとしている。びっくりする。ここ数年、年賀状を出すのが、めんどくさく、送ってくれた人たちにも返さず、にもかかわらず、何年も出してくれてい…

水木しげる

水木しげる魂の漫画展を観に行った。作品を観ながら、子どもの頃の記憶では、どことなく怖い漫画という印象だったが、大人になって観る水木しげるの漫画は、緻密で、すごいと、感嘆の声が漏れた。平日にもかかわらず、多くの人が観に来ていて、懐かしむ会話…

あんかけ焼きそばエビぬき

指定された中華料理屋に到着した。中華料理屋は繁盛していて、カウンターにも、テーブル席にも所狭しと、人が座っていた。密といえば密。あんかけ焼きそば、えび抜きで、と私は注文した。油淋鶏と青椒肉絲でお願いします。私が一人で食べるわけではないです…

松坂大輔

『こんな球打てねえよ』という投手に出会ったことがないのは、私がプロ野球選手になるような人と出会っていないからで、プロ野球選手が投げるボールをバッターボックスで体感したくなった。今更。でも、高校球児のときと、今とでは、たぶん違うだろうし、や…

ノムさん

ONE PIECE101巻を本屋に買いに行った時に、『Number PLUS 野村克也と名将の言葉学。』を購入した。ひさしぶりの野村監督に触れていると、もっと野村監督に触れたくなって、そういえば、自宅の本棚に野村監督コーナーがあったよなあ、と思い出した。もしかし…

諸行無常

健康診断で、肝臓の精密検査を要すると判定され、病院に行った。待合室で待っている間、日下慶太『迷子のコピーライター』を開いた。第3章は、著者が病院で入院したことや、家族との話が記されていた。この本は、自叙伝的だな、と思った。その人がどんな人生…

シーソーゲーム

コインランドリーで、洗濯物を乾燥機にかけ、蔦屋書店に向かった。大谷翔平特集のNumberを購入することは決めていたが、ぶらぶらとあてもなく、店内を歩いていると、コンシェルジュ文庫というコーナーがあった。日本各地の蔦屋書店の店員が「今の自分を支え…

ザ・ファブル

友人から、おすすめのマンガ教えて、と訊かれ、その友人がマンガを読んでるイメージがないから、珍しいなあと思いながら、前にも言ったと思うけど、と前置きし、ONE PIECEと伝えた。俺、ダメだった、と即答したので、腕が伸びるのがダメだった?と訊いた。親…

感情

BLUE GIANT EXPLORER1巻、2巻を読んだ。2巻の最後のほうに印象深い言葉というか、心にひっかかる言葉があった。 一昨日お店にいた小説家のロウリー覚えている? もちろん。 彼が以前、教えてくれたの。 私は理由もなくコーヒーが好きって言ったら、 「それが…

ひゃくえむ。

YouTubeで、たまたま、川島・山内のマンガ沼という動画を見たら、おもしろくて、いくかの動画を見た。川島と山内が、おすすめ漫画を紹介するというもので、私も、読んだ本をこうしてブログで紹介するけれど、どう紹介して良いものか悩ましいときがあるから、…