北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

放課後

放課後、彼女を自宅近くまで自転車を押しながら送った。

 

時間にして30分くらいだっただろうか。その時間が楽しみで仕方がないはずなのに、2人の間に会話はない。ただ、黙って、その30分を自転車を押しながら並んで歩いた。

 

私の心の中は、言葉で溢れているが、自分自身との会話に終始し、声にはならず、別れ際に、じゃあねとだけ声を発し、私は、自転車に跨る。

 

彼女と手紙のように、ノートにたわいもないことを書いて交換していた。声に出すと何を話して良いかわからないのに、ノートには、すんなり書けた。ノートでコミュニケーションをとっていたといっても良い。

 

そんな日々は3ヶ月で終わった。

 

ふられる日って、ふられてもいないのに、雰囲気でわかる。

 

中学生の頃の思い出を思い出した。

 

そんな日に、カツセマサヒコ『明け方の若者たち』を読んだ。

明け方の若者たち (幻冬舎単行本)

明け方の若者たち (幻冬舎単行本)

 

大学を卒業する間際にできた彼女との物語。

 

読みながら、どこか別れが孕んでいるような気がして、私の過去のいろんなスイッチが押された。恋愛を書くなら、こうであって欲しいという内容だった。

 

社会人になりたての自分とも重なる時があって、社会人なりたてで踠いている若者にも読んでほしい。