北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

助けて

部下と話をしていて、「助けて」と言いやすい雰囲気づくりをしたいと思った。

 

社会人3年目にもなれば、担当する業務はだいたい覚え、それと共に、キャパオーバーの業務量に忙殺される。

 

私の社会人3年目を思い出すと、キャパオーバーの業務量に忙殺され、苛立っていたのか、辟易としていたのか、はっきりとは覚えていないが、そんな感じだった。

 

そんな私に、年上の女性がこう言った。

 

仕事で体を壊して損をするのは自分だからね。

 

これから偉くなっていったら、もっと業務量は増えるんだから、人に任せることも必要だよ。

 

と。

 

あれからも時々、思い出す。

 

その人が言った「人生はジェットコースターのよう」という言葉も印象深いが、今回は関係ないので、触れない。

 

業務というのは、チーム内で重なる。

 

事務作業を得意とする人もいれば、そうでない人もいて、業務は偏る。

 

偏りが生じるのは仕方がない。

 

ただ、負担が生じている人が、助けてと言いやすいように、「何かできることありますか?」と気遣いができる組織にしたいな、と、昨日から考えているんだけど、すぐに答えが出ない。