読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

侍ジャパンありがとう

楽雲庵塾本第2巻の途中を妹が読むの巻

rakuunanzyuku
携帯電話に、母さんからの着信があったことに気づき、母さんに電話をした。
電話口の母さんの声は、何か嬉しそうなことがあったようだった。

「いまね、あなたの小さな彼女が来ているわよ」

「おっ、さつきか?」

さつきとは、妹の子どもの名前で、5月に誕生したばかりの女の子で、
親にとっては初孫で、俺にとっては、初めいだった。

「そう、さつき。来る?」

「いや、忙しいから無理だわ」

「せっかく来てるのにね」母さんの声のトーンが一気に下がった。

さつきが来た時は連絡をくれとは言っていたけれど、
仕事の休憩時間に、わざわざ、電話をかけてこなくても良いのになと思いながら電話を切った。


仕事が終わり、もろもろの用事を済ませて夜8時。
俺は、パソコンをかかえて実家に向かった。気が変わった。
実家に着いたのが夜22時半。

俺は、さつきが寝ている部屋に行き、
寝ているさつきに向かって、
「おはようございまーす」と声をかける。
夜22時半なのに。

さつきは、うすらめをあけて俺を見た。

「うぇぇええん」

「せっかく寝たのに」と妹が溜息混じりに叱責する。

「じゃあ、また明日、遊ぼうね」

はた迷惑をぶちかまし、家族でちょっとばかり話をして、夜が更けて、
気がついたら布団にぶっ倒れていて、起きたのが早朝4時。

パソコンを広げる。
外の世界とシャットダウンするかのように大音量で音楽を流す。


楽雲庵塾本第2巻を書こうと持ってきたパソコン。
先週から、少しずつ、少しずつ書き続けた楽雲庵塾本第2巻も28ページをすぎた。
この章の中盤にさしかかったくらいだろうか。
野球でいうところの4回裏は終了。

妹が俺の部屋に来て、何か話かけていることに気づいた。
イヤホンをとって、妹の方に顔を向けた。

「何してるの?」

「あぁ、本を書いてる」

「それも頼まれているやつ?」

「いや、これは頼まれていない。まだ、途中だけど読みたいか?」

読みたいともなんとも言っていないのに、
「とりあえず読め」と妹に、白いファイルを渡した。
妹は、苦笑いをして、ファイルを持ち、茶の間に戻っていった。

この物語をまったく知らない人に、
どんな印象を与えるかを、試してみたいとも思っていたから、妹はちょうど良い。
父さん、母さんにはちょっとばかり難しい。

妹が読み終わった頃合いに、
茶の間にいって感想を聞いた。

「良いね、良い出逢いだね。それで、この続きを今書いてるんだ」

「そう」

「それで、この人は、この後、どうなるの?」

俺は、この章に登場する人物の、その後の話をした。
妹が、熱中して訊いてくるもんだから、
楽雲庵塾本第2巻の全貌を話しちゃった。




*****


読んでくれてありがとう。こちらランキングになっております。

人気ブログランキング


にほんブログ村
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます