北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

野球馬鹿論〜2007日本シリーズ〜

中日ドラゴンズファンのあいつは、さぞかし喜んでるだろうな」と、
一人の友達を思い出し、今日、賛辞を送った。

日本一は、53年ぶりっていうけれど、
日本シリーズには、時々、進出していたから、
そんな感じを受けない。

ちまたでは、最終戦に先発した山井投手が、
完全試合まで、あと3人というところで交代したのは、
いかがなものかって話が賛否両論を呼んでいるようだけど、

俺の住んでいる街では、テレビ東京が放送されていなく、
日本シリーズをテレビですら観られなかったということで、
ただ一人、いかがなものかって話も同時に浮上している。

中日が優勝を決めたのは、
ニュース速報のテロップで知った。

俺が、高校生の時。
「野球が延長して、ドラマが時間通りに観られないのは困る。だから野球は嫌い」
そんなふざけた苦情が、俺の元に寄せられた。

「そんな話を俺にすんじゃねぇよ。テレビ局に言え」

その頃が懐かしい。
今なら、そんな苦情が寄せられてもいいから、
「テレビ放送をもっとしろ」と言ってやりたい。

今年に入り、「こんなくだらねぇ、番組をしてるくらいなら、
野球中継をしたほうが良いだろ」ということが、度々あった。

そういうわけで、野球中継を観ていないから、
その時の雰囲気っていうのが、全然わからない。
観ていたら、もっと違うことを考えたかもしれないけど、
あの交代は、「ありだな」と思う。

どうしてかというと、ベンチ裏で、監督と選手が、
話をしていたらしいから。

山井投手が、「限界です」って話をしたのなら、
しょうがないだろうなと思う。

あの試合で、優勝を決めなければ、
流れは一気に変わる。
次の試合からは、試合をする場所が、
北海道に移ってたからね。
それほど、北海道のファンが、作り上げる球場の雰囲気は半端ないと思うよ。

それにしても、落合監督になってからの中日は強くなった。
落合監督は、すごいと思うね。