北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

プロ野球選手

 鈴木忠平『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』がすごいおもしろかったので、鈴木忠平『清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実』も読みたくなった。

 清原が甲子園で打った13本の本塁打。清原に打たれた一人ひとりの投手のインタビューとその後の人生が綴られていた。読んで思ったのは、清原は、まさしく怪物で、まさしくヒーローで、まさしくスターだということ。

 で、そのインタビューを読んだ後に待っていたのは、文庫版特別寄稿として掲載されている清原からの手紙だった。この手紙を清原本人が書いたのだろうかというほど、心打たれる手紙だった。これから買う人は、文庫版を買った方が良い。

 そこには、怪物でもなく、ヒーローでもなく、スターでもない、素の清原というか、等身大の清原というか、人間、清原がいて、清原が、そのインタビュー記事を目にしたのは、覚醒剤で逮捕されて保釈されたあとのことだったらしく、清原は、そのインタビュー記事を読んで、涙が止まらなかったという。生きる勇気を与えられたという。

 清原の手紙のあとは、著者のあとがきがあり、この本の原型となったNumber908/909/910号に掲載された『清原和博13本のホームラン物語』が書かれるに至った物語が書かれていた。私も当時、Numberを読んだ。覚醒剤で逮捕された有名人は、どちらかというと腫れ物に触れるように取り扱われることが多いけれど、Numberからは、がんばれ、清原というのがすごい伝わってきて、いち野球ファンである私に伝わってくるのだから、それは清原にも当然伝わったのであろうことは、容易に想像がつく。

 鈴木忠平『清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実』を読んだあとに、たまたま開いたYouTubeに『イチロー独占インタビュー「イチローさんが高校生と向き合う理由』というのを見つけて、携帯がカメラなんかで、私の行動を監視していて、提案してくれているのか、はたまた、今日の私のアンテナがたまたま野球で、その動画が目についたのかはわからないが、私は、その動画を見ることになる。

 イチローが野球を語っている姿は、野球の求道者のように見える。私は、もっと見たい、もっと見たいと思い、そういえば、コンビニで陳列されていたNumberの表紙がイチロ-

だったことを思い出し、購入した。