北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

年功序列は良いのかもしれないよ。

自己研鑽が必要だというのはわかっているけれど、仕事を終え、自宅に帰ってくる頃には、そんな気持ちは萎えていて、いつしか自宅で自己研鑽をしょうという気持ちすらなくなって、何年にもなる。

 

そんな私が、最近、医学書院の「シリーズケアをひらく」に出会い、おもしろい本として読んでいたんだけど、これって、自己研鑽になっているなということに気づき、何らストレスなく、自己研鑽できているのが嬉しいなと思った。今まで、勉強しようという心の持ち方が悪かったのかもしれないと思ったり。

 

そんなわけで、今は、小澤勲「ケアってなんだろう」を読んでいる。

ケアってなんだろう (シリーズ ケアをひらく)

ケアってなんだろう (シリーズ ケアをひらく)

 

本を読んでいると、認知症の介護は、完璧を求めないのが、長続きするコツというようなことが書いてあって、看護師だったり、福祉の仕事をしている人は、家族にそのような介護を必要とする人がいた場合、仕事柄、介護を完璧にこなそうとしるのかな。長続きしないとわかっているから完璧を求めないのかな。どうなんだろう?

 

社会の価値の置き方みたいなもので、第一に目の前の有用性が問われてしまう。今、ものの役に立つか立たないか。うっかりすると、発達障害の人が存在することによって社会がかえってスムーズになりますみたいに、有用性の軸で発達障害の人を評価するような意見も出てきたりします。それは有用性がなくてもこの人は居ていいんだというのとは明らかに違いますよね。小澤勲「ケアってなんだろう」p88

障がい者が、衰退する産業の担い手になる。言い方を変えると、障がい者が衰退する産業の役に立つ。これはこれで良いように思うけど、どうなんだろうか。ただ、役に立つかどうかが存在理由というのはよくない。現在、私は、障がいがあったり、認知症でもないから、他人からそのような判断をされる機会はないけれど、仮に、誰かが自分のことを、生きている意味があるかどうかとか、役に立つかどうかとかを判断されているだけで、何で、他人に、そんなことを判断されるのよなる。

 

いろいろ悪くいわれますが、「年功序列」も捨てたもんじゃないんですよ。小澤勲「ケアってなんだろう」p88

予備校に通っている時に、政治経済の先生も言っていたな、と思い出した。政治経済の先生は、「給料は、年功序列が良いですか?能力給が良いですか?」という質問をみんなにしていて。みんな、当然のように、がんばった人は、がんばっただけ評価されるべきだという意見が多数を占めていたように思う。

 

最近、人事考課について考えることがあって、というか、今もたまあに考える。

 

がんばったやつは、がんばっただけ評価されるという仕組みを作ること自体が難しいのではないかと思っている。私がまだまだ知識が少ないだけかもしれないけれど。

 

自己評価は、人によって甘い人もいれば、自分に厳しい人もいて、他者評価も、対象者に好意を抱いているかどうかで、違うだろうし。アピールがうまいやつだったりでも違うだろうし。

 

売り上げ成績だったり、スポーツ選手みたいに成績が出るものだったら、能力給にしやすいと思うんだけど、それ以外の場合は、どうなんだろうか。私が知らないだけだろうか。

 

すれ違い

夜。何年かぶりに猫が布団に入ってきた。寝ていると起きているの境界線上にいた私は、意識するようで無意識に、猫が布団の中に、少しでも長い時間いることができるように体勢を整えた。仰臥位でいることが猫にとっては一番良いと思っている。と、思ったら、私は眠りに落ちていて、起きたら、すでに猫がいなくなっていた。何分、何時間いたかわからない。私の感覚では数分。私が寝返りをしてしまったのか、布団の中が暑くて出て行ってしまったのかもわからない。

 

引っ越しをして猫は以前より元気になったような気がする。前の家では元気がなかったというわけではないのだけど、若返ったと表現したほうが良いのか、そんな気がしている。朝は4時から6時の間に起きて、まだ片付いていないダンボールに爪をたて、カリカリと音をたてて、ご飯を欲しいと私に知らせてくる。私は、猫の名前を呼び、わかっているよ、と知らせるが、布団から出なければ、猫にとって、何の意味もない。しばらくの間、カリカリと音をたて、諦める。私も4時から5時によくトイレで起きることがあるのだが、猫にご飯をあげることはしない。あげる時もある。ただ、私は、再び、今すぐに布団に戻りたくて、猫の居場所を確認し、声をかけたり、かけなかったりして、布団に戻る。

 

仕事を終え、自宅に帰ってきた最初の数十分は、猫がかまって欲しいタイミング。私もかまいたいので、激し目に撫でる。近すぎると、猫が嫌みたい。

 

場合によっては、膝の上に乗ってくることもある。それはそれで私は嬉しいのだが、膝の上にじっと座っていると、何もできなくなってしまうので、私から下ろすこともある。

 

このように、猫の気持ちと、私の気持ちはすれ違う。

 

すれ違うといえば、今日、仕事中に、ちょっと考えさせられることがあった。

 

どんなことを今年度、目指すかという話をしている際に、若い職員の一人が、もっと褒め合うべきだと言っていて、そう言えば、昔、褒めて、褒めてという雰囲気を醸し出している部下がいて、うざったいと思ったことがあるな、と思い出した。ただ、その発言をした若い職員は、そんな雰囲気を醸し出したこともなかったので、意外だなと思いながら、その理由を訊いた。

 

訊いていくうちに、褒めて欲しいというか、部下がまかされた業務をやっているのが当たり前というのではなく、自分のまかされている仕事の内容も量もある程度、理解し、時には労いの言葉をかけて欲しいということなのだろうな、ということになって、昔、うざったいと思っていたけれど、やっぱり、上司たるもの、部下の仕事ぶりをみて、時には、声かけをしたりして、認める必要があるよな、と。私は過ちを繰り返すところだったというか、繰り返していたのではないか。部下とのすれ違いをなくす方法をもっと考えていかなければならないとか、人と人は分かち合うことが難しいなと思った。

 

ケアってなんだろう (シリーズ ケアをひらく)

ケアってなんだろう (シリーズ ケアをひらく)

 

小澤勲「ケアってなんだろう」を読み始めた。はじめにの数十ページだけで、この本はおもしろいかもしれないと、思った。シリーズケアをひらくは良書が多い。

 

差別というのは、多数派が当たり前だと思うことから、無意識に始まってしまうものなのだ。

やっと自宅のネット工事が完了した。自宅でネットができないのは思いのほか不便な日々だった。ネットが自宅で使えるようになって、早速、本棚を注文した。引っ越しをしてきて以来、書斎は乱雑なままで、乱雑な理由は本棚が足りないため。これまでの家では押入れに自作の本棚を作ったりしていたけれど、今、住む家は押入れに本棚を作れるような感じではない。

 

思うようにブログを更新できない間、読んだ本で、おすすめしたいのは、野澤和弘「なんとなくは生きられない。

なんとなくは、生きられない。

なんとなくは、生きられない。

  • 作者: 「障害者のリアルに迫る」東大ゼミ,野澤和弘
  • 出版社/メーカー: ぶどう社
  • 発売日: 2019/02/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 「障害者のリアル×東大生のリアル」の続編で、「障害者のリアル×東大生のリアル」がすごい良かったため購入した。

障害者のリアル×東大生のリアル

障害者のリアル×東大生のリアル

 

 

このシリーズのおもしろいところは、東大生たちが、障害がある人と出会い、考えを深めたりするところにあり、その過程は、福祉職も見習った方が良いのではないかというくらい深く掘り下げていくところがおもしろい。

 

第2作の「なんとなくは生きられない」は、第1作の「障害者のリアル×東大生のリアル」ほどのインパクトはなかったけれど、印象深いいくつかの言葉と出会った。

 

まず一つ目は、著者でもあり、ゼミの顧問でもある野澤和弘さんが差別について語った言葉。

 

差別というのは、多数派が当たり前だと思うことから、無意識に始まってしまうものなのだ。野澤和弘「なんとなくは生きられない」p41

 

最近、サピエンス全史で、奴隷やカースト制なんかのところを読みながら、同じ人類なのに、なぜ、差別というものは発生したのだろうか、と疑問に思いながら、いや、今も学校で、こいつとは一緒に遊びたくないなという奴がいるとして、それが差別に発展する心のありようなのだろうかとか考えながら、差別のことをもっと知りたいと思っているところで、上記の野澤さんの言葉に出会った。差別の歴史について調べるところから始めようかな。なんか、良い本がないかな。

 

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

 

 

2つ目の印象深い言葉は、同じく野澤さんの言葉で、

生きるということは、何かを失っていくということである。失いながら大事なことを考えられるようになることだ。野澤和弘「なんとなくは生きられない」p99

失っていくことが生きるということかはわからないけど、失って大事なことに気づくというのは何度となく繰り返してしまうことなのかもしれないな、とは思う。

 

ということで、ネットも開通したことですし、また、しょっちゅう更新していきたいと思いますので、また読みにきていただければと思います。

 

おやすみなさい。

贔屓のプロ野球チーム

自宅のネット環境が整っていなく、思うようにブログの更新できない日々が続いていますが、皆さんは、いかがお過ごしですか?5月病にはかかっていませんか?

 

先日、東京から友達が遊びに来て、2年振りに札幌ドームで野球観戦をしてきた。日ハム対西武。日ハムが先発、杉浦。西武が先発、今井という試合で、日ハムのワンサイドゲーム。8-0。

 

試合の途中で、私たちが座る席の前を、「すみません、すみません」と言いながら、両手にビニール袋を持ったおばさんが、私の前を通り、隣の友達の前に差し掛かったところで、友達が置いていたアイスコーヒーのコップを倒してしまい、席に着くこともなく、「今、スタッフの方に、雑巾を借りてきます」と言ってどこかに言った。

 

それ以来、席には戻ってこなくて、あのおばさんは、この試合を楽しめなかったのではないだろうか、どこか別な場所で観ているのだろうか、と気になったが、どうなったかはわからない(雑巾は、スタッフの方が届けにきてくれた)。

 

f:id:rakuunanzyuku:20190514091358j:plain

 

ここ最近、一番、観戦している野球の試合は日ハムだけど、日ハムファンですか?と聞かれると、日ハムファンではないですね、と答える。一番、観戦しているチームなだけあって、気になるには気になるんだけど、以前、巨人ファンだった時のような熱はない。じゃあ、どこファンですか?と聞かれても、特定の贔屓にしているチームがない。

 

観たくて仕方のないのは、サムライジャパンの試合で、サムライジャパンの試合は、できれば球場まで足を運びたい。これまで2度、球場で観戦している。

 

そういえば、オリンピックのチケットがすごいことになっているとニュースでやっていたけれど、どこで試合があるのだろうか?抽選に応募してみようかと思っている。

DAZN

引っ越しをしてある程度、荷ほどきを終わったんだけど、当然のように、これまでの部屋と間取りが違うので、いろんなものが収まりが悪く、かなり中途半端な状態で、日々を過ごしている。

 

そんな中、ブックオフのウルトラセールに行ったもんだから、さらに床に本が積み重ねられて置かれていて、もう片付けるのが相当、めんどくさい。

 

新居は、BSが映らなく、地上波だと、まったくプロ野球が放送されない。これまでは、それほど意識して、見ていなかったけれど、いざテレビをつけて、プロ野球が映らないと、不便だと気づく。夕飯のときに、何気なくテレビをつけて、プロ野球がやっている生活が良いよね、と思い、プロ野球を見れる方法をあれこれ検索した。

 

docomoDAZNが月額980円で一番、良さそう。インターネット環境が整ったら、まずは無料期間を利用してみようかと思っている。

 

www.nttdocomo.co.jp

 

来週の土曜日には、東京から大学時代の友達が遊びに来て、久しぶりに札幌ドームに野球を観に行く予定。

ブックオフオンライン

5月は、まだ4日しか経っていないのに、5月病が発症した。体の倦怠感が半端ない。もっと休みたい、と体が言っているのだろうか。ゴールデンウィーク3日しか休んでないもんね。

 

連休といえば、ブックオフが、ウルトラセールを実施している。本全品20%オフ。確か、6日まで。もちろんブックオフに行って何冊か、いや、何冊も買った。

 

さっきも、ブックオフで買った望月ミネタロウ『ちいさこべえ』と高橋ツトム『BLACK-BOX』を読んでいた。

 

そういえば、ブックオフオンラインというのがあって、その存在は知っていたんだけど、昨日、改めて、ブックオフオンラインを見ていたら、これ、結構、使えるな、と思った。  amazonとか、楽天とか、ネットで本を購入することもあるけれど、選択肢の一つとして、今後、ブックオフオンラインを使うことにした。

今は、ブックオフで購入した岡田美智夫『弱いロボット』を読んでいる。

弱いロボット (シリーズ ケアをひらく)

弱いロボット (シリーズ ケアをひらく)

 

最近、はまっているシリーズケアをひらく。ロボットの話が、ケアとどう関係するのか、まだ、わからない。

 

クロダミサトという写真家が好きなのか、沙和子が好きなのか

金沢にあるSLANTというギャラリーを知った頃、クロダミサトという写真家のことも知った。『沙和子』という展示をしていた。ホームページを見ながら、魅入った。

 

最近、クロダミサトのことを思い出し、ネットで調べていたら、ISI PRESSで、沙和子の最新作が発行されることを知って、注文した。不在連絡票を手にし、郵便局が開く9時ちょうどに着くように自宅を出た。

 

newalternativegallery.com

 

ISI PRESSを郵便局に取りに行き、駐車場で開いた。クロダミサトという写真家が好きなのか?沙和子が好きなのか?エロ本なのか?エロ本ではないのか?よくわからないと思った。よくわからないけど、好きだと思った。

 

kurodamisato.com

 

ハードオフに草刈機を売りに行った。引っ越し先のアパートでは、もう草刈機を使うこともないので。

 

開店まで1時間近く時間があったので、キングダムの最新刊を読んだ。夢中になって読んでいたら、10時を過ぎていた。このまま最後まで読みたいと思ったけど、途中で読むのをやめて、草刈機を売りに行った。草刈機は1万円で買ったのに、売ったら500円だった。

 

それから何軒かのブックオフに寄りながら、以前から行きたいと思っていた札幌のSPACE1-15の中に入っている『losika』に行った。植物を売っている店。不定期営業。枝ものを買った。名前を聞いたけど、帰りのエレベーターに乗った時には、すでに忘れていた。