どんまい

いろいろあるけれど、それでいい

北海道が選ぶ!札幌市おすすめの喫茶店8選!

最近、めっきり喫茶店に行っていませんでしたが、久々に、行った喫茶店が良かったので、久々に紹介!

 

1.森彦

f:id:rakuunanzyuku:20170919163432j:plain

有名店だから、ここで紹介するまでもないかなと思ったけれど、やっぱり良い店だったから紹介することにした。古い民家を改装した店内。コーヒーの香りと静かに流れる音楽。素敵な店だけあって混んでます。1時間は待った気がします。

 

morihiko-coffee.com

 

 

2.カフェエスキス

f:id:rakuunanzyuku:20170815205218j:plain

青い壁面は、貸しギャラリー。しょっちゅう展示が催されている。

 

cafe-esquisse.net

 

 

3.オリンピア中央区

f:id:rakuunanzyuku:20170809164558j:plain

札幌駅から徒歩数分。札幌駅周辺にお泊まりの方におすすめの喫茶店がオリンピア。まるで映画の世界に入り混んでしまったような錯覚を味わえる店内。しかも、安い。モーニングメニューは、ミートスパゲティ、サンドイッチ、サラダ、飲み物で、なんと、550円。価格も別世界。

 

 

4.musica hall cafe 中央区

f:id:rakuunanzyuku:20170725071732j:plain

音楽など、いろんなイベントが催される喫茶店。音楽だけではなく、ポストカードや、アクセサリーなども置いていて、さまざまな作家さんとの交流点となる喫茶店でもある。

 

www.musica-hall-cafe.com

 

 

5.たべるとくらしの研究所中央区

f:id:rakuunanzyuku:20170714233927j:plain

 古い建物なんだけど、その古さが良いと思える店内。家具も雰囲気にあっている。アイスコーヒーが入っているコップも素敵だった。さすが、雑誌に紹介されているだけある。

 

URL:http://www.taberutokurashi.com

 

6.Brown book cafe【中央区

f:id:rakuunanzyuku:20170602152924j:plain

やっぱりブックカフェが好きなんだなあ。窓際の席は、すごい落ち着く。円山から移転したそうだけど、円山の店舗も素敵だったんだろうなあ。

 

brownbookscafe.com

 

 

7.WORLD BOOK CAFE【中央区

f:id:rakuunanzyuku:20170524081727j:plain

札幌にあるブックカフェを探していたらたどり着いたのが、WORLD BOOK CAFE。店内は、旅をテーマにした本があり、借りることもできる。本棚の隣には、絵や雑誌が飾られていて、雰囲気が良い。

 

 

8.石田珈琲店【北区】

f:id:rakuunanzyuku:20170524082649j:plain

外観も、内装も、かっこいい。

URL:http://www.ishidacoffeeten.com

札幌国際芸術祭レポート⑦宮の森美術館

f:id:rakuunanzyuku:20170918051014j:plain

やっと、宮の森美術館で開催されている石川直樹展に行って来た。

f:id:rakuunanzyuku:20170918051116j:plain

f:id:rakuunanzyuku:20170918051122j:plain

左の、女の子の写真が、一番好き。

なんだろう。なんか良い。

f:id:rakuunanzyuku:20170918051200j:plain

飛生芸術祭2017に行って来ました!

風邪がぶり返し、鼻を擤み、咳をしながら、初めて飛生芸術祭を観て来た。

本日、飛生芸術祭最終日。

f:id:rakuunanzyuku:20170917223554j:plain

f:id:rakuunanzyuku:20170917223600j:plain

f:id:rakuunanzyuku:20170917223612j:plain

f:id:rakuunanzyuku:20170917223627j:plain

f:id:rakuunanzyuku:20170917223634j:plain

f:id:rakuunanzyuku:20170917223647j:plain

f:id:rakuunanzyuku:20170917223657j:plain

f:id:rakuunanzyuku:20170917223742j:plain

f:id:rakuunanzyuku:20170917223711j:plain

f:id:rakuunanzyuku:20170917223758j:plain

f:id:rakuunanzyuku:20170917223817j:plain

f:id:rakuunanzyuku:20170917223829j:plain

本日、奈良さんがいたらしく、奈良さんに会ったという人に会った。

つまり、私は、奈良さんに会ってはいない。

残念。

 

fes.tobiu.com

なぜ弱き者が苦しむのか

社会人になってすぐの頃、私を支えてくれたのは遠藤周作の本だった。

思い返せば、友達に遠藤周作の本をプレゼントしてもらったのがきっかけだった気もする。

もう20年も前のことだから、記憶が定かではないが。

20代前半、遠藤周作のエッセイを貪るように読んだ。

小説を読んだのは、深い河くらい。 

深い河 (講談社文庫)

深い河 (講談社文庫)

 

 

遠藤周作の「沈黙」が、外国人の監督の手によって映画化されるのを知って、レンタルされるのは、まだか、まだか、と待っていた。

 

f:id:rakuunanzyuku:20170916001756j:plain

 

ずずずーんと、重い。

 

映画を観ながら、この物語には救いがあるのか?救いがあるのか?と、何度となく、心の中で呟くほど、キリシタンの弾圧はひどく、酷い。踏み絵が、これほどのものとは、中学生の私は、想像力が足りていなかった。信教の自由が必要だとも思った。

 

映画を観終わって、沈黙を映画化したマーティン・スコセッシ監督について調べてびっくり。

 

f:id:rakuunanzyuku:20170916003149j:plain

 

タクシードライバーの監督だった。

マーティン・スコセッシ監督は、沈黙を読んでから、20数年、ずっと映画にしようと思っていたんだって。

 

 

それにしても、やらなければならないことがあると、映画が観たくなる。

困った。

 

悲しみの喜び

f:id:rakuunanzyuku:20170915001324j:plain

この映画に登場する曲が、かっこよかった。

映画を観終わった今もなおYouTubeで聴きながら、この記事を書いている。

 

80年代、アイルランド

転校先の高校で、たまたま出会った女の子を口説くため、バンドを結成。

バンド名を、シング・ストリートという。

このシング・ストリートが作るオリジナル曲が、かっこいい。

何度も、何度も、繰り返し、聴いている。

 

 

映画に登場してきた好きなセリフをメモ。

 

”人は謎があるほど面白い”

 

”悲しみの喜び。

喜びと悲しみは一緒。

悲しみの中にも幸せを見つけること。”

 

 

やばい、もう1時になる。

寝ないと。

また、明日。 

 

札幌国際芸術祭レポート⑥資料館エリア

札幌市資料館は、大通り公園の一番、端にある。

すすきのから歩くとなると結構な距離がある。

休館日を調べずに向かって、閉まっていると、心が折れる

休館日は月曜日。

他の会場もそうだが、休館日と時間は確認した方が良い。

札幌市資料館の喫茶店で、石川直樹展のDMをもらった。

私が一番、行きたい石川直樹展にはまだ行っていない。

17日に行こうと思っている。

それでは、札幌市資料館を写真で一気に紹介。

f:id:rakuunanzyuku:20170914164149j:plain

f:id:rakuunanzyuku:20170914164153j:plain

f:id:rakuunanzyuku:20170914164158j:plain

f:id:rakuunanzyuku:20170914164204j:plain

まずは知ること、知ろうとすることが大切だと思った映画

f:id:rakuunanzyuku:20170831222114j:plain

先日、映画館で上映すると知って観たいなあと思っていたら、TSUTAYAでレンタルされていてびっくりした。

もちろん借りて、すぐに観た。

 

まずは知ることが大事だと思った。

こういった現実があるということを。

メール、通話、インターネット履歴は全て見られている。

アメリカだけの話しではない。日本も。

 

この映画を観なければ、スノーデンという人を、どこか遠い記憶の人になっていた。

こんな事実があり、こんな覚悟のもと、あの行動があったのかと知ることができて良かった。

この映画を撮った人たちも、すごい。