北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

自宅フヅクエ

岡檀『生き心地の良い町』を読んでいる。

 

徳島県海部町では、特別支援学級の設置に反対だという。その理由は、他の生徒たちとの間に多少の違いがあるからといて、その子を別枠の中に囲いこむ行為に賛成できない。世の中は多様な個性をもつ人たちでできているから、ひとつのクラスの中に、いろんな個性があったほうがよいのではないか、と町会議員が言ったという。

 

そんな理想的な町が、日本に、存在するのか、と思った。海部町に住む障害がある方たちの生活はどうなのだろうか。

 

読み進めていくと、海部町では、自己効力感が高いという調査結果が出たという。どうせ自分なんて、と考える人が少ない。自己効力感。この前、大阪に出張に行った際に訊いた言葉。そこでは、離職するのは、自己効力感が低いからというような話で訊いた。

 

本著で知るのだが、心理学者A・バンデューラが提唱した言葉で、人間が行動する際の意欲や動機づけに大きく作用する感覚。

 

研究の結果、自殺予防因子と考えられるのは5つ。

1.いろんな人がいてもよい、いろんな人がいたほうがよい

2.人物本位主義をつらぬく

3.どうせ自分なんて、と考えない

4.「病」は市に出せ

5.ゆるやかにつながる

 

生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある

生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある

  • 作者:岡 檀
  • 発売日: 2013/07/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

この2日間、居間で本を読みながら寝てしまっているので、今日は、いつ寝ても良いように、寝室で、布団の上で、だらだら、ごろごろと、自宅フヅクエを楽しもう。

 

 

なぜ、その町は自殺する人が少ないのか?

職場の同僚が、最近、おもしろい本を読んだと紹介してくれたのが岡壇『生き心地の良い町』。自殺率が低い町の研究をした論文が本になったものだという。ちょうど持っているから、と本を借してくれた。

 

生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある

生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある

  • 作者:岡 檀
  • 発売日: 2013/07/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

本の話から映画の話になり、話を訊きながら、携帯で検索し、画像をスキャンした。話題が、コロナウィルスに変わり、同僚は、3.11の時のような価値観が大きく変わるきっかけになると思うと言った。そこから、エネルギーの話題になり、同僚が最近、興味のあるのが林業だと言った。私は林業には興味がないな、と思いながらも、この人の話はおもしろいなあ、と思った。

 

自宅に帰ってきて、自宅フヅクエをしようと思って、昨日までは、『読書の日記』を読もうと思っていたけれど、同僚から借りた『生き心地の良い町』を開いた。開いた数ページで、寝てしまった。

 

昨日は21時に寝たためか、朝、猫が寝室に来て、嘔吐をしていたためか、私は目が覚めて、ごみステーションにごみを出しに行った。小学生4人が歩いてきて、学校が始まったのかとか考えながら眺めていると、学校に行くための鞄を持っていなくて、こうして朝に友達と歩きながら散歩をして、会話しているのか、コロナでなかなか思うように外に出られないもんな、と思った。よくよく考えたら朝7時前だし、学校があったとしても、学校に行く時間ではないよな、と思った。

 

仕事に行く前に、『生き心地の良い町』を読んだ。著者は、徳島県海部町で、なぜ、自殺する人が少ないかを調査し始めた。海部町では、赤い羽根共同募金も、老人会への参加も悪いらしい。人は人だから、と自分がそこに意味を見出せないと、募金もしなければ、老人会へも参加しないらしい。

 

自分ひとりが他と違った行動をとったとしても、それだけを理由に周囲から特別視される、またはコミュニティから排除されるという心配がない、ということが前提となっているのではあるまいか。岡壇『生き心地の良い町』p41

 

同調圧力がない町。住み心地が良さそうだ、と思った。私は、会社に当てはめて考える。町を、地域を、社会を変えるとなると、途方にくれるが、自分の及ぶ範囲、家族だったり、会社なら、実現するのが可能。そういえば、以前、グーグルが調査した社員の生産性を高めるための方法として、心理的安全性が大切だというのを思い出した。意見を言っても否定されない、という雰囲気の醸成。会社でも、町でも、社会でも、いろんな人がいてよい、いろんな人がいたほうがよいという考え方はかっこいい。

 

rakuunanzyuku.hatenablog.com

スカーレット

今日も左足首が痛い。足をつくこともままならない。というわけで、というわけでもないけれども、そそくさと仕事を切り上げて、自宅に帰ってきて、朝の連ドラ『スカーレット』最終回を見る。最終回を見る前に、その前の回も一緒に見る。

 

息子の武志が、母、喜美子に、嫌な夢を見た。自分の作品が誰にも見向きされない。おかあちゃん、自分の作品が誰にも見向きもされないの想像して怖くならない?みたいな、質問をする。母、貴美子は、誰もということはない。一人はいる。それは自分。そんな返答があり、素敵だなあ。喜美子、と思った。

 

で、最終回。2年後と表示されたところで、私は、テレビの前で声を出してしまった。死ぬやつだろ、と。武志は亡くなった。生きた状態で放送を終了してくれと願っていたけれど、やっぱり、ここまできたら武志がどうなったか描かないわけにはいかないだろう、と思う自分もいた。

 

『スカーレット』を見終わった後は、ニュースを見て、東京がコロナの影響で大変そうだったから、東京に住む友人2人にLINEをし、阿久津隆『読書の日記』の続きを読んだ。読みながら眠くなって2時間ほど眠った。

 

起きて、ツイッターを開いたら、fuzkueが3月中は店を閉めるということで、自宅フヅクエを開催します、と書いてあった。12時開店の22時閉店。明日、私も、#自宅フヅクエで、つぶやこうと思う。『読書の日記』は、現在410頁。日記の日付は2月14日、バレンタインデー。そして、現在、4月29日、12時27分。

 

明日も仕事だし、そろそろ布団に入ろう。

 

読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹

読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹

  • 作者:阿久津隆
  • 発売日: 2020/03/11
  • メディア: 単行本
 

 

補償

なぜか朝起きると、左足首が痛く、捻挫のような症状。まったくもって記憶にない。その痛い左足をひきずり、ディーラへ。試乗しながら、車の特徴の話を訊き、当然かもしれないが、よく知ってるなあ、と感心する。気持ちが良い取引をしたいから、営業がどんな人かというのは非常に重要。さらに9万円ほど安くなったので契約することにした。わざわざ店長が挨拶に来て、こんなことは初めてだな、と思った。

 

そして、携帯電話を修理するためにドコモショップへ。結局、当初、予約していた店舗に間に合わず、とりあえず札幌へ向かう。携帯で調べた店舗に行くが、携帯補償の修理に対応している店舗ではなく、紹介された店舗に、左足をひきずって到着。携帯補償には、交換と修理があるが、修理はほぼ半額の5500円。しかも電池も交換してくれるという。ただ、使用している携帯電話を1週間ほど預け、代替機を使用しなければならないが、データの移行なんかは、店員がしてくれるので、すごい便利だなあ、と思いながら、じっと待つ。内藤さんという若い女性なのだが、対応が抜群に良い。これは教育によるものなのか、生まれもったものなのか。ディーラーとドコモショップで1日が終わるなあ、と暗くなった店舗の外を眺めた。正常な携帯電話は使い勝手が良い。

 

 

スカーレット

くたくたになり、まだやることは残っていたが、今日はもういいやとなって、仕事を終え、帰宅。

 

自宅に帰ってきて録画してある朝の連ドラ『スカーレット』を見る。1年を通してずっと見てきたわけではなく、放送を楽しみに見始めたのは、1週間ほど前。今は、武志が死ぬところは放送しないで欲しいと願いながら見ている。3月28日までなので、あと2日。

 

一眠りし、『キングダム』の最新刊を読む。57巻。で、そのあとは、阿久津隆『読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹』を読む。自宅の本棚にもピンチョンがあったな、重力の虹だったかな、と先日、本棚を探した。重力の虹ではなかった。ヴァインランドだった。『読書の日記』を読み終わったら、ピンチョンを読もうかな、と思った。もしくは、綿野恵太『「差別はいけない」とみんないうけれど。』か。『読書の日記』に登場したアメリア・グレイ『AM/PM』も読みたい。

 

明日は、久しぶりに休みで、10時からディーラーに行き、昼くらいからドコモショップだな、携帯の操作も危うくなってきているからな、と予約をしようと思った店が、すでに予約いっぱいで、別な店を予約した。それが12時30分。服も買いに行きたいし、『読書の日記』を喫茶店で読もうかなとも思っている。

ディーラー

朝、少しだけ仕事をして、ディーラーに向かった。車を買うため。車の点検に行くと、今が、買い時、今乗っている車の売り時、ということだった。決算時期で、コロナウィルスの影響で、安く買えるらしい。見積もりをもらい、一度、自宅に帰ってきて、ペヤングを食べ、昼寝をし、また、別の街のディーラーに行って、見積もりをもらい、日帰り入浴に行った。ほぼ、ディーラーで過ごした1日だった。

 

日帰り入浴で着替えをしている時に、また携帯電話を落としてしまい、携帯電話の4分の1が見えない状態になった。4分の1の箇所には、電池の残量が表示されている箇所も含まれるし、どうも反応も悪くなってきた。早く、携帯電話を代えたい。最速で、今週の金曜日が休み。予約をとらないと。ディーラーにも行かないと。

 

昨日、今日と、仕事が休みで、阿久津隆『読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹』も半分まで読んだ。今は、336頁で、日記の日付は1月24日。10月1日から、日記が始まったから、300頁で3ヶ月しか経っていないことになり、私がfuzkueを訪れた2019年の日記は、この本には掲載されていないことがほぼ確実となった。3ヶ月で半分だから、1冊で半年分ということになるのだろうか。本をめくり、日付を確認すれば、すぐにわかることではあるが、それはしない。読書の日記が、何巻も、何巻も、出版されるのを想像し、本棚に並んでいるのを想像した。楽しみが続く。今、読んでいるところに、阿久津さんがピンチョンの『重力の虹』を読んでいる記述があり、私の自宅の本棚にあるまだ読んでいないピンチョンは『重力の虹』なのだろうか。寝る前に本棚を確認して寝ようと思う。

読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹

読書の日記 本づくり スープとパン 重力の虹

  • 作者:阿久津隆
  • 発売日: 2020/03/11
  • メディア: 単行本
 

 

シンパシーとエンパシー

猫に起こされたわけではないが、目が覚めたのが6時だった。眠ったのが深夜3時だったので、3時間ほどしか寝ていないが、眠くない。ので、起きた。起きて、友人の会社の名前であるmonogramの意味を調べた。会社の名前の由来は聞いたはずだけど、覚えていなくて。モノグラムは、ニューヨークヤンキースのように、YとNを重ねたロゴというか文字が、モノグラムというらしい。友人は、そこにどんな想いを込めたのか。

 

布団で、ゴロゴロしながら、『読書の日記』を読んだり、録画してあったNHKテレビ小説『スカーレット』を見たり、『SWITCHインタビュー達人達』を見たりした。

 

『スカーレット』は、最近、見始めたんだけど、次が気になって、放送を楽しみにしてる。来週で終わる。終わってしまう。

 

『SWITCHインタビュー達人達』は、ブレディみかこと鴻上尚史の回で、ブレディみかこは、『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を読んでみたいなあと思っていた人で、鴻上尚史は、何冊かの本が自宅の本棚にあって、ということで見た。

 

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
 

 

日本のことだったり、多様性のことだったりについて語る回で、印象的なのはいくつかあったんだけど、一つは、シンパシーとエンパシーの違い。シンパシーは聞いたことがあるけれど、エンパシーは初めて聞く言葉だな、と思った。シンパシーは、共感、同情、思いやりでの意で、エンパシーは、他人の立場を想像し感情を分かち合う能力らしい。多様性を受け入れるには、エンパシーが必要だって。

 

もう一つ。ブレティみかこが言っていた「マクロの問題をミクロから見上げる。ミクロで書くから普通に生活している人が読んでもわかる。政治のことを考えるようになる」。ミクロから見上げるというのが新鮮で、今まで、逆に見ることはあったけれど、ミクロからマクロを見上げるって、やっていたかもしれないけれど、言葉にすると、新たな視点が加わった気がした。

 

テレビで紹介されていた鴻上尚史鴻上尚史のほがらか人生相談 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋』も読んでみたくなった。

 

そうこうしていると、10時少し前になって、携帯の修理にドコモショップに行くことにした。時間がかかるだろうから、『読書の日記』を持って。10分前には、ドコモショップの前に何人か並び、開店と同時に、人でいっぱいになった。ドコモショップはいつも混んでいる。

 

携帯補償についての説明を聞き、カスタマーセンターなのかに電話して、交換もしくは修理の説明を受け、交換にかかる料金の半額だし、修理にしようと思った。対応できる店舗に電話をしてから行ったほうが良いとのことで、電話をすると、今日はもう予約がいっぱいとのことで、また後日になった。修理だと2~3週間かかるらしい。

 

猫は、一日中、ほとんど眠っている。今も、ストーブの前で眠っている。