北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

侍の名のもとに

映画『侍の名のもとに〜野球日本代表侍ジャパンの800日〜』を観て来た。

 

泣いた。

 

オーストラリア戦の源田、周東の同点劇でうるっときて、決勝の韓国戦。あれ?どんな試合だっけ、と思いながらの観客の山田哲人コールで、そうだ、ここで逆転ホームランを打ったんだ、と涙がつつつつーと流れ、稲葉監督の涙とともに涙を拭う。

 

稲葉監督の「良い選手を集めるんじゃなくて、良いチームを作りたい」という言葉が印象的。

 

野球でいうところの監督は、私たち会社員からすると、管理職にあたる。

 

そこで、最近、思うのは、どうせ批判されるのであれば、わがままにやって批判されたほうがまだましということ。

 

www.japan-baseball.jp

 

これ、DVDで販売してくれないかなあ。

 

また、観たいなあ。