北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

全員野球

 仕事を終え、いつもより遅くに帰宅して、テレビをつけたら、野球準々決勝、日本対アメリカの試合をしていた。今日だったの?予選リーグ1位同志の日本とアメリカがなぜ、この段階で戦っているの?と、愕然とした。

 今回の決勝トーナメントは、一度、見ただけでは理解できない、これまでにない変則的なトーナメントになっており、予選リーグを首位で勝ち上がった日本は、当分、試合がないものだと勘違いしていたというか、決めつけてしまったというか、そもそも日程を確認していなかった。それはそうと、なぜ、早く帰宅しなかったのか、なぜ、録画をしなかったのか、と、自責の念に駆り立てられながら、試合は7回。5−6で日本は負けていて、この試合を負けても、復活できる変則的なトーナメントになっているのだろうか、よくわからないまま、画面に釘づけになった。

 ご存知のとおり、9回裏に6−6と追いつき、10回表に栗林が、無失点に抑え、その裏、栗原のバント、甲斐のサヨナラという展開で、今大会2度目のサヨナラ勝利を日本がおさめた。たまらない試合だった。

 一夜明け、パソコンの電源をつけて、ティーバを開いた。日本対アメリカの試合がないものか、と。あった。良い時代になった。

 まずは、試合後の稲葉監督のインタビューを見た。このアメリカ戦で、全員が出場したということを知った。全員野球と言っても、全員が試合に出るわけではなく、そもそも試合に出るのが、全員野球の定義ではないと思うが、全員が試合に出場することによって、否が応でも、一丸になっていくというか、自分ごとになっていくというか、必要なことだな、と改めて思った。稲葉監督の選手起用は、選手への愛情を感じる。

 こうして、私は、日本対アメリカの準々決勝をもう一度、観ながら、このブログを書いている。

 キーマンとなる選手は、日替わりというか、複数人出てくるのが、勝ち続けていく秘訣のような気もするが、私が、特に注目しているのは、柳田。6番柳田。柳田は、これまでも当然、日本代表に選出されても良い、実力の持ち主であり、成績も残していたが、タイミングが悪いというか、世界戦がある時に限って、故障して、選ばれないというのが続いていて、そのたびに、残念に思っていたわけだが、今回、やっと、万全な状態で出場してくれていて、活躍してくれている。柳田は、上位の打順どこでも良いくらいの選手だが、6番柳田を見ながら、もちろんもったいないという意見もあるだろうが、6番柳田は、良い。クリーンアップが6番まであるような感覚になる。

 あとみてみたいのは、栗原のスタメン出場。こう書くとソフトバンクファンみたいだが、栗原を初めて見たのが、日本シリーズの時で、こんな短期決戦の時に力を発揮しそうだ、というのが、その理由。もしくは、近藤のスタメン。ただ、近藤は、代打の切り札的存在として頼りになるから、やはり、栗原か。7番栗原を見てみたい。