北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

10年

 「こんにちは。おかわりありませんか?早いもので12月になりました。年々、早くなっているのか、今年が特別早いのかはわかりませんが、1年があっという間に終わってしまいます。今年もまた3枚CDを選んでいただきたく連絡しました。・・・。」

 

「こんばんは。メールありがとうございます。私はボチボチ元気ですよ!今年も気づけば、12月ですね。年末にCDを送らせていただいて、今年で何回めになるのでしょうか。毎年、本当にありがとうございます。・・・。今年の3枚についてですが、1枚は、baobab+haruka namamura「カナタ」がよいかな〜と思っています。・・・。あとの2枚については、少し迷っていて、もしでしたら、塾長に選んで頂けたらと思います。CANTUS「NOEI」・・・、THA BLUE HERBTHA BLUE HERB」・・・、Sorario×ONTODA「超市民S EP・・・」

 

「ブログを読むと、2009年に剛章さんと出会いCDを選んでもらっていて、最初の2回は夏に選んでもらっていました。2011年から年末が恒例になっているようです。・・・。私のほうこそ、毎年、毎年、選んでいただいて感謝しています。このやりとりがないと、気持ちよく年を越せなくなってきています。・・・。CDなのですが、今回は4枚でお願いします。一通り聴いたのですが、3枚に絞るのは難しかったので。では、今年も引き続きよろしくお願いします」

 

「出会いが2009年となると、10年になるんですね。・・・。私も塾長からメールが来ると、年末感が出てきますね。毎年、今年はどんな作品がリリースされたのかなと1年を振り返る機会になっていて、楽しく選ばせて頂いております。・・・。CDについてですが、今年は4枚にしますか。なんか、申し訳ないです。CDの発送については、baobab+haruka nakamura「カナタ」入荷しましたら、確認後、発送しますね。何卒、よろしくお願いいたします。」

 

「近日、baobab+haruka nakamura「カナタ」CD、入荷するので、送らせて頂こうと思うのですが・・・。また、今回金額が少し張ってしまうのですが、大丈夫でしょうか。もしでしたら、調整して頂いて、大丈夫なので気軽にお伝えください。・・・。時間ある時で大丈夫なのでご返信、よろしくお願いします。」

 

「しょっちゅう注文しているわけではないので、こういう機会に買っておきたいです。・・・。自宅に届くの楽しみにしています。」

 

「返信、ありがとうございます。明日、CDの方、発送させて頂きますね。・・・。明日、荷物のほう送りましたら、荷物の追跡番号、お伝えしますね。何卒、よろしくお願いします」

 

「こんばんは。本日、CDの方、佐川急便より発送させて頂きました。ご都合のよいときに、受け取りよろしくお願いします。何かありましたら、気軽にまたメールください」

 

私の元には、ビニールで覆われた小包が届いた。shabby sic ポエトリーから届いたCD4枚とshabby sic ポエトリー特製のタオル。

 

自分でお金は払うが、自分へのご褒美のように届く毎年、恒例のCD。

  

10年。shabby sic ポエトリー10周年?10年前は、私が北海道に移り住んだ時期だから、もしかしたら、shabby sic ポエトリーに、初めて行ったのは、オープン間も無くではない可能性もある。

 

10年前。shabby sic ポエトリーで店主の剛章さんに、CDを3枚選んでもらって買った。3枚も買って大丈夫ですか?と剛章さんは申し訳なさそうに言った。客の財布を心配する店って、おもしろいな、と思った。10年経った今年、「今年は4枚にしますか、何か申し訳ないです」と返ってきたメールを読みながら、10年前と変わらないなあ、と思った。

 

10年続けたら本物と、どこかで聞いた言葉。

 

shabby sic ポエトリーの10年は、どんな10年だったのだろうか?

 

いつかの日か、剛章さんと再会できるのを、何年も楽しみにしている。

 

shabbysicpoetry.jp