北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

流行語大賞「そだねー」は、もっと前のことのように感じる。

今年の流行語大賞が「そだねー」になったというのを聞き、「そだねー」って、今年だっけと思った。確かに、私はそのオリンピックを観ていたが、今となっては、何オリンピックだったのかも覚えていない。

 

数日前に、さすがに根雪だな、と北海道の根雪宣言をひとり心の中で呟いたが、今日、ざんざんぶりの雨が降り、路肩の雪を残して、雪が溶けた。12月に雨が降った記憶がないが、もしかしたら、昨年も12月に雨が降ったような気もしないでもない。

 

仕事を終えて、自宅に帰って来て、シチューを食べ、Netflixで『ゲットダウン』シーズン1の第3話を観た。女性の歌声にのせたラップがかっこよかった。

 

ゲットダウンの途中で、書きかけの小説の続きを書いた。第2章の校正を、まもなく終える。明日で、終わる。第3章と第4章は、書き直しではなく、頭の中にしか物語ができていないので、ここをどう書ききるかが踏ん張りどころ。

 

と、書いているところで、shabby sic ポエトリーにメールと思っていて忘れていたことに気づいた。毎年、自分のご褒美に、CDを3枚ほど選んでもらって送ってもらう。毎年、恒例の行事。まるでクリスマスプレゼント。ちゃんとメールを書きたいから、休みの日にでも送ろう。

 

そんなわけで、今日も、終わる。山崎ナオコーラ人のセックスを笑うな』を読み終わった。おもしろかった。今は、植本一子『かなわない』と柴崎友香『次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?』を読むところ。読みながら、眠くなったら寝よう。

 

明日からは、どうも雪が続くらしい。