北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

カレーうどん

冷蔵庫からタッパに入ったカレーをレンジで温めた。茹でていたうどんの上にかける。最近、カレーが好き。カレーライスも良いけど、今日は、カレーうどんにする。ただ、うどんの湯切りのせいなのか、水が皿の下の方にたまっていて、最後の方になるとおいしくない。ちなみに、私のいうカレーうどんとは、茹でたうどんの上に、ただ、カレーのルーをのせるだけ。一般にいうカレーうどんは汁が入っているけど、私のカレーうどんはルーのみ。ルーのみの方がおいしい。ただ、湯切りのせいなのか、最後の方はおいしくないけど。

 

テレビをつけると世界バレーをやっていた。日本対ブラジル。日本が1セット先取した。知っている選手は、荒木しかいない。気づいたら、あっという間に知らない選手ばかりになった。それにしても強い。もともと女子は強かったけれど、なぜ、ここまで強いのか。

 

世界バレーをつけっぱなしにして、読みかけの「漁港の肉子ちゃん」を読んでいる。なぜ、娘はおかあさんのことを、お母さんと呼ばないで、肉子ちゃんと呼ぶのだろう。確かに、周りにも、お母さんのことを友達のように、名前で呼んでいる人もいたけれど、それと同じ感覚か。最初の方にその理由が書かれていたのかもしれないけれど、そこまで戻るのもめんどくさいので、ずんずん先に進む。

 

いつものことだけど、ご飯を食べ、本を読み、20時半を過ぎる頃になると眠くなる。以前も、眠くて、眠くて、仕方がなくて、これは病気かもしれないな、と真剣に病院に行くことを考えたけど、結局、めんどくさくて行かなかった。病院といえば、先日の健康診断で数値がおもわしくなかった、いくつかの項目の再検査及び治療に行かないといけないが、それもめんどくさい。

 

この眠気は、体がだるいことから来ている気がする。昨日も鍼治療に行ったにも関わらず、本日、すでに体がだるい。知らず、知らずのうちに、体に力が入っているのだろうか。

 

それにしても眠い。ストレッチをしよう。