北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

生きづらいと思う人に読んでもらいたい一冊

こんなにコールセンターに電話をしたのは、生まれて初めてかもしれないな、と思った。残念ながらパソコンの調子は戻っていない。

 

そんなこんなで、午後になり、外出するのもめんどくさくなって、今日は、小説を書いたり、読書したり、昼寝をして過ごす。なんか、この前も、こんな1日だったような気もする。

 

今日、読んでいたのは、仔猫の肉球

仔猫の肉球

仔猫の肉球

 

新潟日報の連載を本にしたもの。生きづらいと感じている人たちに、ぜひ、読んでいただきたい一冊。そういえば、私が新潟に住んでいた頃も、生きづらかったなあ。20代だった。

 

「悪意がなくても、無意識の言葉が時に誰かを傷つけていたりする」

「楽なほうより楽しいほうを選んだ方が良い」

「本当の自立とは、困った時に誰かに『助けて』と言えること」

覚えておきたい言葉がいくつもある。

 

あと、本を読んでいたら、久しぶりに旅をしたくなった。