北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

悲しみの喜び

f:id:rakuunanzyuku:20170915001324j:plain

この映画に登場する曲が、かっこよかった。

映画を観終わった今もなおYouTubeで聴きながら、この記事を書いている。

 

80年代、アイルランド

転校先の高校で、たまたま出会った女の子を口説くため、バンドを結成。

バンド名を、シング・ストリートという。

このシング・ストリートが作るオリジナル曲が、かっこいい。

何度も、何度も、繰り返し、聴いている。

 

 

映画に登場してきた好きなセリフをメモ。

 

”人は謎があるほど面白い”

 

”悲しみの喜び。

喜びと悲しみは一緒。

悲しみの中にも幸せを見つけること。”

 

 

やばい、もう1時になる。

寝ないと。

また、明日。