どんまい

いろいろあるけれど、それでいい

初恋と不倫

そうめんを茹でるために、お湯をわかしていたんだっけ。

台所で、グツグツと、音がしているのに気つき、本を置いた。

 

往復書簡 初恋と不倫

往復書簡 初恋と不倫

 

 

「不帰の初恋、海老名SA」と「カラシニコフ不倫海峡」の二編が収録されている、この本は、手紙やメールのやりとりだけで進む。

 

ここ最近、手紙に関する小説を何冊か読んできたけれど、どれも、いまいち。

手紙は小説に合わないのかなあとさえ思っていたが、この本は、そんな印象を変えた。

 

おもしろい。読み始めたら、一気に最後まで読みたくなる。

特に「不帰の初恋、海老名SA」が良かった。