北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

補償

なぜか朝起きると、左足首が痛く、捻挫のような症状。まったくもって記憶にない。その痛い左足をひきずり、ディーラへ。試乗しながら、車の特徴の話を訊き、当然かもしれないが、よく知ってるなあ、と感心する。気持ちが良い取引をしたいから、営業がどんな人かというのは非常に重要。さらに9万円ほど安くなったので契約することにした。わざわざ店長が挨拶に来て、こんなことは初めてだな、と思った。

 

そして、携帯電話を修理するためにドコモショップへ。結局、当初、予約していた店舗に間に合わず、とりあえず札幌へ向かう。携帯で調べた店舗に行くが、携帯補償の修理に対応している店舗ではなく、紹介された店舗に、左足をひきずって到着。携帯補償には、交換と修理があるが、修理はほぼ半額の5500円。しかも電池も交換してくれるという。ただ、使用している携帯電話を1週間ほど預け、代替機を使用しなければならないが、データの移行なんかは、店員がしてくれるので、すごい便利だなあ、と思いながら、じっと待つ。内藤さんという若い女性なのだが、対応が抜群に良い。これは教育によるものなのか、生まれもったものなのか。ディーラーとドコモショップで1日が終わるなあ、と暗くなった店舗の外を眺めた。正常な携帯電話は使い勝手が良い。