北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

シンプル

Netflixで『ハンドレッド・シーズン7』を見る。シーズン6からの繋がりが思い出せなくて、シーズン6を復習するように、もう一度、1話から見ていく。二度、見ると気づくこともあるが、途中で諦める。このままだと一日がNetflixで終わる。最新話が何曜日に更新されるのかはわからないけれど、更新されるのを楽しみにしながら、1ヶ月程度を過ごす。

 

眼鏡の修理で札幌。カーディガンを着ていたが暑い。額には汗。晴れていたと思ったら雨。眼鏡屋に着くと、アルコール消毒を依頼される。こういったデパートは、1店舗でもコロナウィルスを発症すると、他の店舗に迷惑をかけてしまうのだろうな。眼鏡の一つにひびが入ったため、交換を依頼。在庫を確認してもらっている間に、店内の眼鏡を見る。眼鏡は4年に1度、新しいものが欲しい。ただ、欲しい眼鏡がない。

 

山頭火で久しぶりにラーメンを食べたあとは、Anarakcity Store。店員さんにすすめされたパンツを履いてみる。服屋で店員さんに声をかけられることを好まないが、Anarakcity Storeの店員さんとは自然に話をする。店員さんの話を聞きながら、直感というか衝動的にパンツを買う。服の買い物は楽しい。最近は、よりシンプルなものを好む。

 

パソコンを開き、明日の予定を確認していたら、ついつい仕事のメールを開いてしまい、いやな気持ちになる。明日、文句を言おうか、どうかで迷う。

 

自宅に帰ってきて、期間限定の楽天ポイントとドコモポイントを本に使おうと思って調べていたら、『三体』の続編が出版されるのを知って購入した。

 

三体Ⅱ 黒暗森林(上)

三体Ⅱ 黒暗森林(上)

 
三体Ⅱ 黒暗森林(下)

三体Ⅱ 黒暗森林(下)