北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

捻挫・挫折・骨折

f:id:rakuunanzyuku:20191022071136j:plain

 

捻挫をしたのは、いつ以来だろう。あまりにも痛いので、もしかしたら、骨折、もしくは、ひびが入っているのかもしれない。痛い。あまりにも痛い、と、ドラッグストアで湿布を購入した。

 

***

 

左足を引きずり、職場の後輩と居酒屋へ。この後輩と2人で居酒屋に来たのは初めて。ご飯連れて行ってくださいと言われて実現。私が20代の頃、30代の人に、会ってください、とお願いをしたのを思い出した。

 

人の評価を気にしているやつは寒い、という話や、この会社に転職してきた理由、今、やりたいこと、本の話、挫折の話をした。

 

私も、20代の頃、人生の先輩の話を聞くのが楽しかった。私がそうだっただけで、うざったいという感じにならないように注意しないと、とこのブログを書きながら思った。

 

***

 

藤沢周平『海鳴り』は、読むのを止められなくなってきた。それほど意外な展開。まるで、笑うセールスマンから、ドーーーン!とされた気分。ここからどう終わりを迎えるのか。今は、もう23時を回っているので、どこまで読めるのかわからないが、寝る前に、少し読もう。