北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

古本とビール「アダノンキ」に行ってきたよ。

北海道に、「カイ」という雑誌がある。北海道の地方誌はいくつかあるけれど、「カイ」が一番、おもしろいんじゃないだろうか。

 

※この記事を書くに当たり、「カイ」のホームページを読んだら、平成28年4月より、Webマガジンに移行していた。どうりで、最近、見かけないわけだ。

 

kai-hokkaido.com

 

私の家にも何冊かあり、先日、久しぶりに手に取った。

 

開いてびっくりした。私の好きな本屋さんが何軒も特集されていた。

 

くすみ書房(札幌)、いわた書店(砂川)、ワールドブックカフェ(札幌)、ブラウンブックスカフェ(札幌)、書庫303(札幌)・・・。

 

その中に、古本とビール アダノンキという名前があった。そういえば、聞いたことがある店だけど、行ったことがなかった。

 

f:id:rakuunanzyuku:20180509211708j:plain

今日、古本とビール「アダノンキ」に行ってきた。

店内にはカウンターがあり、先客の男性がビールを飲んでいた。

なぜ、ビールと古本なのだろうか。

 

カイには、移転前のアダノンキの写真と、こんな記事が書かれていた。

 

音楽ライブやイラスト教室といった、単なる本の売り場にとどまらない、本と人とを結ぶ新たなきっかけづくりを積極的に行なっている。(カイvol.14)

 

今の店舗だと、ライブは難しそう。本に囲まれ、ビールを飲みながら、ライブを聴くなんて、素敵な空間だったんだろうな。そんなアダノンキを見て見たかった。

 

良いなと思ったのは、古書以外にも新刊書があるところで、見たことがない本がいくつも並んでいた。

 

3冊買ってきた。