読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

侍ジャパンありがとう

「絶望読書」を読んだ

book

 

絶望読書――苦悩の時期、私を救った本

絶望読書――苦悩の時期、私を救った本

 

 


タイトルが良いよね。
絶望読書。

帯には、「悲しいときには、悲しい曲を。絶望したときには、絶望読書を」と記されている。
著者は、絶望している時は、絶望している本を読み、少し立ち直ってきた頃に、前向きな本を読むのが良い、と言っている。

私もそう思う。
傷を舐め合うことで救われることもある。

著者は、絶望している時には、カフカとドフトエスキーを薦めている。
別に絶望しているわけではないけれど、読んでみようかなあと思ってカフカとドフトエスキーを買った。


最初の数ページで、すでに挫折しそうだけど。