凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

プロフェッショナル仕事の流儀「佐渡島庸平」がおもしろかった

NHK、プロフェッショナル仕事の流儀を、たまあに観る。
この前、観た「佐渡島庸平さん」の放送がおもしろかった。

年代が近いからなのか、佐渡島さんの目が良かったからなのか、とにかく、惹きつけられ、どんな人なんだろうって、インターネットで調べた。

10年間、講談社で働き、バカボンド宇宙兄弟などの編集を担当。
その後、株式会社コルクを設立。

番組の中で、佐渡島さんは、電子書籍について、こう語っていた。
「出版のハードルを下げることによって、読者が、気にいった作家、気にいった作品に出会う可能性が高くなるんじゃないか」って。

今まで電子書籍に対して否定的だったんだけど、電子書籍だからこそ可能になることもあるんだなあ、と電子書籍の良さを知った。
電子書籍と本の両方で出版されていれば、本の方を買うけれど、電子書籍でしか読めないのであれば、電子書籍でも読みたいと思う。


番組で紹介されていた漫画を買ってみた。

ケシゴムライフ (トクマコミックス)
リエーター情報なし
徳間書店


電子書籍と本の両方で出版されていたから、本の方で。



=============================


こちらランキングになっております。ポチッとしてって。

にほんブログ村