北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

タフ

俺の友達の一人に「魔王」という友達がいる。


精神的にも、肉体的にも、タフな、その友達を見て、「お前は、まるで魔王だ」と俺が呼んだ。
今まで出逢ってきた人の中でも、5本の指には入るタフさを誇る。

出逢って20数年。
落ち込んでいるところを見たことがない。
いや、落ち込んでいるところを見せないだけなのかもしれないが、振り返っても、思い出せない。


どこでも生きていけるんじゃないのかとさえ思う。

誰とでもうまくやれるんじゃないのかという器用さではなく、
誰とやっても、俺は俺だっていうペースを崩されない気がする。


そんな魔王を羨ましく思いながら、「仕事で失敗して落ち込まないのか?」と聞いてみた。


「失敗するよ。まぁ失敗しても終わったもんは仕方がないと考えない」


その言葉を聞きながら、もう一人、タフな友達の言葉を思い出した。


「失敗ってのは避けられないよね。野球でもさ、エラーをしたり、失点するのは避けられない。ただ、1試合とおして、勝てば言いわけだから、次にエラーをしない、失点をそれ以上増やさないことのほうが大切だよね」


失敗した後の切り替えの早さにあるんだろうな。
魔王の助手席で、そんなことを思った。



****


読んでくれてありがとう。こちらランキングになっております。

にほんブログ村



人気ブログランキング
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます。