北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

スーパーマリオブラザーズ前編

俺は、たまあに、こんなことを考える。


困った女性がいたら、いかに助けるか。
そして、いかに、さりげなく去るか。


そうは言っても、そんな場面なんて、いっこうに訪れやしない。


そんな30代土管工の俺に訪れた千載一遇のチャンス。
それは、仕事帰りに訪れる。


職場の同期と帰る道すがら、目にした一枚のビラ。
「助けてください」という緊迫した雰囲気の文字、
そして、ビラのど真ん中に写る女性の顔。


ど真ん中のストライクだった。
もろ、タイプだった。


ここでやらないで、いつやるのよ。今、今、今しかねぇんだ。
と、仕事着のまま走り出した。

同期は、何が何だかわからないまま、その勢いに押される形で後を追った。


そう、これが、後に誰もが知ることになる「スーパーマリオブラザーズ」の始まりだった。


スーパーマリオブラザーズという名は、マリオとルイージのコンビ名だ。


「どうせならコンビ名が必要じゃねぇ?」と言い出したマリオ。
マリオブラザーズってのはどうよ?」とあらかじめ考えていたのか、自分の名前を全面に押し出すマリオ。

「THE」はどうする?と自分の名前が入っていないことよりも、「THE」が入っていないことにこだわるルイージ
「別にいらんくねぇ?」と一蹴するマリオ。
「じゃあ、せめて、スーパー」をつけてくれと懇願するルイージ

それで決定したのが、「スーパーマリオブラザーズ」。



俺は、とうとう、その「スーパーマリオブラザーズ」を手にした。
もう、我慢ならんかった。

スーパーマリオブラザーズをやりたいだけで、
ファミコンを買うのはいかがなものか?とも思ったが、
スーパーマリオブラザーズをクリアしていない自分に我慢ならんかった。




スーパーマリオブラザーズの始まった物語及びコンビ名は、フィクションです。




*****


読んでくれてありがとう。こちらランキングになっております。

にほんブログ村



人気ブログランキング
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます。