読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

いろいろあるけれど、それでいい

月を見上げた


俺は、月を見上げた。
ここ何ヶ月間か、ずっと月を見上げていた。

君が月を見たのなら、
俺も同じ時に、月を見ていた可能性がある。

住む場所は違えど、同じ月。


それくらい月を見上げていた。


三日月の時もあったし、
半月の時もあった、
そして、ここ何日間かは満月だね。

満月は、秋ばかりが似合うんじゃないな、
雪景色もなかなか似合うな、
そう思いながら月を見た。


俺が冬の夜空を眺めるのは理由があって、
それは、来年、ぶちかますことになっている、
作品作りのためでもある。


遡ること3ヶ月前。

一緒に作品作りをする友達と、
打ち合わせを兼ね、飯を食べている時のことだ。


「ボウガクダイって知ってる?」

「ボウガクダイ?いや、知らんな」

「冬の満月の時、ボウガクダイの景色は神秘的だよ」


俺は、その話しを聞いてからというものの、
冬の満月の時、ボウガクダイで写真を撮ろうと思って、
冬を迎えた。

よし、もうちょいで満月だ、
ここ何日間は、そう思いながら、
月を見ていたんだ。



この前の土曜日の朝、
母にふるさとの天気を確認するため電話をした。

「土日は吹雪くみたいだよ」

「そっかぁ」俺は、残念で仕方がない声を出した。

「土曜日は、月が一番大きく見えるらしいね」

「何で俺が満月を待っていたのを知ってる?」

言った覚えはない。
俺が実家に帰るくらいしか言ってない。

「いや、ニュースで、そう言ってたからね」

「いやぁ、見たい」そう言われると、なおのこと見たい。


その土曜日は、何度となく、母とメールをし、天気を確認した。



結局、ボウガクダイで写真は撮れなかった。


俺は、ここ何ヶ月間か月を観察してきたから、
どれくらいの周期で月が欠け、そして満ちていくかを、
なんとなく知った。

まだ、何回かあるだろう。


冬の夜空の満月の日、
俺は、月を見上げている。



*****


にほんブログ村←読んでくれてありがとう!最後にクリックをお願いします!



人気ブログランキング
↑こちらもぜひ!