北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ダンボールの中で

慌しい生活が落ち着いてきた頃に、
たぶん、体調を崩すかもしれねぇなって、
予想通り、俺は風邪をひいた。

まあ、そんなに悪くはなっていないから大丈夫。
今は、ちょっとばかり耳が痛いくらいなもんだ。

落ち着いてきたといっても、
ダンボールばかりの生活は変わらず、
とりあえず、布団を敷き、寝ている。

冷蔵庫もなければ、洗濯機もない。
引っ越す費用がかかるため、新潟の地に捨ててきた。

冷蔵庫も、洗濯機も、とりあえず後だ。
まずは、カーテン。
カーテンがなければ、俺の私生活は丸出し。


今回の引越し。
俺は、二人の仲間がいなければ間に合っていなかった。


個展の前日まで、引越しの準備は3分の2を残していた。
まずは個展。個展の準備が終わったら引越し。そんな段取りだった。
個展、一日目の午前が引越し。

個展前日。
会場準備をし、送別会をしてもらい、残りの3分の2を片付けようと家路に着く。
が、高速道路上、あまりにも瞼が落ちてくる。意識は遠のく。
「ここは寝るしかない。サービスエリアで2時間ばかり寝るしかない」ってことで、仮眠をとることにした。

サービスエリアで寝れば、眠りも浅い。
今まで、旅をしてきた時から、実証済み。
確実に早朝に起きる。


数秒で俺は深い眠りに落ちる。


目覚め、携帯電話を見る。
「9:30」
終わった。
まもなく引越し業者がくる時間。
引越しの残りは3分の2。

携帯電話には、何度もの着信通知。
その着信の一つに電話をかける。


「予想通りだ」


その声の主は友達。
引越しをする当人より、早起きをしていた。

その友達とアパートで合流。
友達が、もう一人に電話をかける。

「これるか?」

「はい。スタンバイしてました」

友達がかけたのは後輩。
頼んでいなかったのにもかかわらず、スタンバイしていた後輩。



最後の最後まで、散々迷惑をかけた俺。
この場を借りて、ありがとう。