北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

北信越BCリーグと野球小僧


そっか、そっか、マイルドセブンは、俺と同い年か。
何年も吸っている煙草が、今更、同い年だと知り、妙に親近感が沸く。

今日は、マイルドセブンと俺の話ではない。
ただ、ちょっと書いてみたかったものだから、書いてみただけの話。
気にしないでくれ。

今日は、北信越BCリーグについて話をしたい。
野球の話。

北信越BCリーグとは、今年から始まった野球の独立リーグ
北信越ベースボール・チャレンジリーグ
四国アイランドリーグに続き、北信越の地にもできた。

選手は、プロ野球選手を目指す。

球馬鹿としては、野球が盛り上がりを見せるのは嬉しい限り。
この楽雲庵塾で、野球の話を楽しみにしている人がいるかは、
かなり微妙なところではあるが、やっぱり書いておきたい話。

そんなわけで、早速、観に行ってきた。
新潟アルビレックスBC VS 石川ミリオンスターズ

いや〜、こんなに早くに実現するなんて、思わなかった。
やっぱり、チーム名はアルビレックスか。

俺も新潟で野球チームができたらと思って、
あらかじめ考えといたのになぁ。
(参考:楽雲庵日記『交流戦』

新潟ライスターズは、なかなか良い名前だと思うんだけどなぁ。
石川県も「スターズ」と、つくとかぶっちゃってるな。
石川県は、金箔が有名だから、「ゴールデン」が、チーム名につくのが良いと思う。

そんなクダラナイようなことを考えながら、野球観戦。

新潟県で、スポーツといったら、アルビレックスと言うほど知名度がある。
サッカーに、バスケット、そして野球。
致し方ない。

この人も、サッカーのアルビレックスを応援しているのかという程、新潟県のファン層は広い。
なんか、楽しみが一つ増えたんだなと思うと、俺まで嬉しくなってくる。

話は野球に戻すけど、この北信越BCリーグの嬉しいところは、
この球場でもやるのかという程、いろんな地域の球場でやる。
イメージとしては、市民球場みたいな感じの球場でもやる。
しかも、毎週、土日。

現在、新潟アルビレックスBCを率いているのは、
ジャイアンツの、代打の切り札、後藤監督。

先日は、寒いのと、予定があったので、
途中で帰ってきたんだけど、
また、観戦に行きたい。


北信越BCリーグが盛り上がりを見せてくれるのを、
楽雲庵塾でも応援しています。