北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

その時、再び

冬になると、俺の定位置は、ストーブの前。
かまくらを作って遊んでいた子どもの頃から同じだ。

ストーブに足をかけ、寝転がる。
「熱い!」と、時々、足を引っ込めるくらいが、ちょうど良い。


一昨年のことだったか、俺は、あいかわらずストーブの前に寝っ転がって過ごしていた。
そして、気づいたら、寝ていた。

そのことが原因だと思うんだけど、猛烈なけつの痒さに、さいなまれる。
けつのデリケートな部分が、やけどした。
たぶん。

それは、それは、強烈で、しかも、この痒さから逃れることは、
できないんじゃないのかと思うくらいの長い期間、1ヶ月。

どれくらい痒かったかというわかりやすい話がある。


朝、起きたら、知らず、知らずのうちにズボンを脱いでいた。


ズボンの上から、掻いても、満足しきれなかったんだろう。


よくよく考えると、この時期は、よく体調を崩している。
先日も、なぜか円形脱毛症になり、
かとおもいきや、今年は、それだけに終わらず、虫歯。


虫歯をなめないほうが良い。
もう痛くて、痛くて、たまらない。

俺は、ここ近年、「めんどくさい」とか、「だるい」とか、
マイナスな言葉が頭をよぎっても、なるべく口に出さないようにしていた。
口に出すことによって、マイナスが増幅していくと考えたから。

が、この虫歯。
そんな俺の意志とは無関係に、猛烈に痛む。

もう、ここは避けて通れないと、先週、歯医者に行った。
嫌いな場所の第1位を争っている歯医者。
20年は、その座を譲らない。

しかも、虫歯は1カ所にとどまらず、
大御所の「親知らず」も控えている。

一度、「親知らず」を抜いて、歯茎が陥没し、下から白い骨が見えた。
その時、再びと、今からビビっている。