凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

郵便

チラシや請求書がお決まりの俺の郵便受け。
その郵便受けに、大きい封筒が届いていた。

一日の締めくくりとしては、ちょっとしたご褒美にも感じる。

送り主は、北海道の友達。
CDケースみたいなのが入っている感触が手に伝わる。
はて?なんだろうか。

この友達が、贈り物をしてくれたのは、
今回が初めてじゃあない。
以前、北海道限定のカップラーメン、カップやきそばとでも言った方が良いのか、
やきそば弁当を1箱送ってくれたことがある。

そんなことを振り返り、
その封筒を無造作に開ける。
やっぱりCDケースだ。

その他には何も入っていない。
それも、あいつらしいなと、そのCDを手にとる。


「〜北の勇者達〜第88回全国高等学校野球選手権大会2006年8月6日〜21日」


それは、CDではなくDVD。
今年の夏の甲子園のDVD。

俺は早速、プレステに、そのDVDを入れ、画面を見る。
あの熱すぎるくらいの夏が一気に戻ってくる。
駒大苫小牧の全試合のハイライトが、
音楽とともに流れる。

その映像を見ながら、
そういえば、今年は、WBCから始まり、
駒大苫小牧が準優勝、
そして、最後は、北海道日本ハムが、日本シリーズを戦うことになっている。
俺にとって、今年の野球は最高の一年になっている。

今年の夏の甲子園は、何回観ても、やっぱりすごい。
あきらめてないもんな。
あきらめないもんな。

アルプススタンドで応援している人達、
たぶん甲子園に行けなくて、北海道で応援している人達が、
お祭り騒ぎのように喜び、
負けた決勝では、すすり泣いていた。
俺の目にもうっすら涙。

そういえば、中学校で野球をしていた時のこと。
2年生の時の最後の大会は、全校応援だった。
いつもは、初球からガンガン打つ俺が、
初球から打ったら、自分のテーマソングがすぐ終わっちゃうということで、
初球から打つのをやめた。
せめて、「かっ飛ばせ〜」とみんなが言ってくれるのを聞きたかった。

そんなわけで、野球のことを書き始めると、
こんなことになってしまいました。
こんな長い文章を最後まで、読んでくれた人に感謝します。
DVDを贈ってくれた友達に感謝します。