北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

負の感情にも意味があるのだろうか

 Yahoo!ニュースをなんとはなしに読んでいたら、巨人がイースタンリーグ4連覇をしてることを知り、高田萌生が、最多勝最優秀防御率、最高勝率などの7冠に輝いていることを知り、へえ、と思った。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

高田萌生が、何年の入団だっけ、と2年前のドラフトを見ると、作新学院、今井らBIG4と呼ばれた投手が甲子園で活躍した年だった。甲子園から注目していたあの投手たちが、来年は3年目。プロ野球で、どんな活躍をするのか楽しみだ。

 

広島の丸や、西武の浅村のFAに注目が集まっていたけど、12球団獲得選手一覧を見ると、岩隈も巨人入団したんだね。オリックスの金子が日ハムに、オリックスの西が阪神なんだねえ。

www.nikkansports.com

 

話変わり、今日、ふと、痛みは、体を守るためにある感覚だと聞いたことがある。となれば、虚しさや怒りや悲しみなんかの負の感情にも意味があるんだろうな、と過ぎった。過ぎったが、どんな意味があるのかはわからない。

 

最近、小説ばかりを書いて読書していなかったから、軽い感じの読みやすい本はないかと書斎で本を眺めた。三浦しをん神去なあなあ日常』を手に取った。

 

年末は、一年に一度の連休だから、今から読書したり、映画を見たり、のんびりしようと思ってる。