北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

オオハシ・スタイル

「お久しぶりです。オオハシです。お元気ですか?本当に突然ですが来週札幌に行きます。で突然ですが金曜お暇ならお会いしませんか?お忙しいと思うので無理なさらなくて良いですので」

 

そう新潟の友人から連絡が来たのが、1週間前。

 

「待ちまくったよ。21時くらいになるけど、会いに行くよ。あの思い出のミスドで待ってて」すぐに返信。

 

思い出のミスドは、すすきのにある。もう何年、会っていないのだろうか。一時期、毎年のように札幌に遊びに来ていたのに。思い出のミスドで待ち合わせをし、近くの居酒屋へ行く。

 

札幌から足が遠のいていた理由を訊くと、コンサドーレ札幌が、J2に降格していたからだと言う。調べると、2013年から2016年の4年間、J2に降格している。確かに、4年くらいは会っていない。オオハシさんは、大のアルビレックスファン。まっすぐな目で、「アルビレックスは、仕事より大切です」と言う。

 

 

私の友人の中でも、ここまで自分の好きなことが、がんっとあり、楽しんでいる人も珍しい。アルビレックスロッテマリーンズ世界陸上男はつらいよ・・・。

 

そして、オオハシさんは、今まで出会って来た人の中でも断トツおしゃれ。本当、かっこいい。どこの店で買っているのかと訊くと、「古着屋です」という。見た感じまったく古着には見えない。オオハシさんは、東京の専門学校時代、おしゃれな友人が、金をかけず、おしゃれをしていることに影響を受け、今に至るという。私も古着屋に行きたくなった。ファッションリーダーオオハシ。

 

 

あっという間の数時間。思い出のミスド前で、「またね」と手をあげる。

 

 

 

9月23日、現在。アルビレックス新潟はJ2降格枠にいる。