北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ピース又吉さんの家の本棚が気になる。

私の家の書斎を、私たち夫婦二人は、「図書館」と読んでいる。
そして、その部屋で日向ぼっこをしている我が家のネコを、「館長さん」と呼ぶ。
図書館館長という設定。


又吉直樹著「第2図書館補佐」の表紙を見ながら、ふと、我が家の書斎「図書館」が浮かんだ。

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)
リエーター情報なし
幻冬舎


この本は、1冊、1冊の本を紹介しながら、又吉さんが、本を読んだから思い出せたこと、本を読んだから思いついたこと、本を読んだから救われたことが綴られている。


本の書評というよりエッセイという感じが強い。


又吉さんの弱さや暗さを読みながらで救われたり、
声を出して笑わせてくれたりする。


又吉さんの家の本棚は、どんな感じなのだろうか。


↓第2図書館係補佐を読んだ後に読みたくなった本

昔日の客
リエーター情報なし
夏葉社


何もかも憂鬱な夜に
リエーター情報なし
集英社


銃 (河出文庫)
リエーター情報なし
河出書房新社



=============================


こちらランキングになっております。ポチッとしてって。

にほんブログ村