北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ミステリーツアー第2弾 前編

ミステリーツアー第2弾。


今回は、まったく何が起こるかわからなかった。


集合場所として指定されたのは仙台の街中だった。
街中といえば・・・、すぐ頭を過ぎったのが、
たくさん飲食店があるということで、
ミステリーツアー第1弾の時のように、
今回も食って、食って、食いまくるのかって、
若干、びびりながら、駐車場に車を停め、友達にメールをした。


「フォーラスに向かってきて」
友達から返ってきたメール。


フォーラス前には、友達が一人、DVDハンディカムを持って待っていた。

1人?

話の感じから、
今回のミステリーツアーは、
食うことがテーマじゃないということはわかって、ほっとした。
が、未だ、何をするのかはわからない。
わかったのは、どこかに泊まるということ。それだけ。


友達と2人駐車場へと向かう。
車を停めていた4階でエレベーターを降り、車に辿り着いた。


「鍵が開かない、鍵が開かない」


そう言いながら、俺の車のドアを開けようとする、後輩。


おっ、今回も来てくれたんだなって思いながら、微笑む。
ミステリーツアー第1弾の時にも参加してくれた後輩。

3人が車に乗り、
向かった先は俺達が卒業した大学。
卒業して10年を優に超えた。

ここが変わったね、あそこが変わったねって話をしながら、
のんびりと大学の構内を散策し、
今回のミステリーツアーは、大学時代を思い出す旅。
タイムスリップをする旅だと知った。

その頃、住んでいたアパートにも行った。
アパートに行くのは、大学を卒業した時、以来だった。
今も、誰か、住んでいるんだろうか?

10数年前なのに、そんなに昔にも感じない。
不思議な感覚。
そんなタイムスリップをしていたら、
新たな友達が登場。


俺に、オレンジを手渡し、去っていく。


何?何?オレンジって、何?


混乱している間もなく、
姿は見えなくなった。


走って追いかけていくべきところだったのか?


そこからだ。
車を走らせると、
ポイント、ポイントで、
次から次に友達が登場する。


しかも一瞬。ただ、すれ違うだけ。


大仏を被った誰かわからない人と一緒に歩く友達とすれ違い、
オレンジを道ばたで落とす後輩2人とすれ違い、
ヒッチハイクをしている友達とすれ違い、
車をUターンしたら、また別な友達がヒッチハイクをしていた。


この一瞬のために、
何時からスタンバっていたんだ?


笑うというよりも、
おっ、この人も来てくれたのか、
おっ、この人も来てくれたのかって、
嬉しかった。



すれ違った友達が宿泊するホテルに集まる。





今日は、オールだ。




=================================

こちらランキングになっております。ポチッとしてって。

にほんブログ村



ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】