北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ナビル-ある少年の物語

ナビル―ある少年の物語
リエーター情報なし
BL出版


少年、ナビルは学校の授業でピラミッドの話を聞き、
自分の目で確かめてみたくなった。

「ピラミッドになんかいけるわけないじゃないか」
周りの大人から反対されるが、
反対を押し切り、自分の足でピラミッドに向かう。

道中、手助けしてくれる大人に出逢ったりなんかしてね。
ピラミッドを目指すだわ。


そんな話の絵本。


俺も親にいろいろ反対されたなあ。

俺の意志の強さを確かめるために反対していたんじゃないかと思えなくもないが、
たぶん、本気で反対していたな(笑)。


あと、地学の先生が、
「長野県の清里の星空は、すごい綺麗だった。星雲すら見える」って話を訊いて、数年後、自分の目で見るために清里に行った。
星空どころか月すらもちゃんと見えないくらい曇り空だったなあ(笑)。



==================================


FREESTYLE LIFEで連載させてもらっている「PANDACHAN」の第三話がupされたよ。


Vol.3 どす曇りの空から涙がふりそそぐ
http://www.freestyle-life.net/pandachan-3.htm

ぜひ見てね。


==================================


こちらランキングになっております。ポチッとしてって。

人気ブログランキング



にほんブログ村

今日も、おもしろかったらで良いんで、クリックしてって。