読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんまい

侍ジャパンありがとう

美しき落ちこぼれ達

movie
以前から観たかったDVDをやっと観た。
ビューティフル・ルーザーズ”。

ものづくりをしている人には、ぜひ観てもらいたい。
作りたい気持ちが沸いてくる。
熱いものが込みあげてくる。

一度観て、好きな映画がまたできたと嬉しくなって、
そのまま返すのはもったいないから、返す前に、もう一度観た。
つまりは一週間で二回観た。

この映画は、ニューヨークの手作りのギャラリーの話。
そのギャラリーには、若いアーティストが集り、
ギャラリーで、飲み会をして、刺激し合い、それぞれがそれぞれの表現手段で作品をつくる。
絵であったり、写真であったり、映画であったり。
絵を描いている人の中には、ちゃんと絵を習っていない人もいる。
小さなギャラリーから、大きなムーブメントが起こり、
アーティストは、次々に有名になっていく。
そんな話。

実際に、そこに集ったアーティストが、インタビュー形式で出てきたりする。

”恵まれていない連中だから、
クリエイティブな才能があるんだ。
恵まれていたらアートをやる必要がない。
もし疎外感がなく、
人生に満足していたら、
何かを創って、
自分自身を救う必要はないんだから。”

マイク・ミルズ

なんか、この人の言っていること好きだなぁって、
マイク・ミルズをちょっと調べてみたら、
俺が、好きな映画、”サムサッカー”の監督でもあった。
そりゃあ、この人の言っていることが、良いなぁと感じるわけだ。
ちなみにマイク・ミルズは、X-girlのロゴ・デザインも手がけている。

そこで、ふと気づく。
この話、前にも聞いたことがある。
友達にサムサッカーの話をした時に、マイク・ミルズの話を聞いた。


この映画を観ているとね、
俺が新潟で出逢った手作りのギャラリー、
このブログで何度となく書いている”GALLERY N7”を思い出すんだよね。
若いアーティストが集まり、飲み会をし、刺激をしあい、それぞれの表現手段で、作品を創る。
今は、遠く離れているけれど、それぞれの活動を知り、今でも刺激をうけている。

そういえば、N7には、バリー・マッギーの絵があったけ。
バリー・マッギーも、この映画に登場する一人。

N7で出逢った人達が、バリー・マッギーやシェパード・フェイリー、マイク・ミルズを好きな理由も繋がった。



ビューティフル・ルーザーズ スペシャル・エディション [DVD]

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る



*****

読んでくれてありがとう。めんどくさいだろうけどクリックをお願いします。

にほんブログ村



人気ブログランキング
↑こちらもぜひ!
クリックは更新意欲をかりたててくれてます。