北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

秋に観る桜も、またよし。

子どもの頃、絵を描くのが好きだった。
漫画を描くのは、特に好きだった。
紙の上で繰り広げる、自由な世界。
紙の上では、4番でエース。

反対に、人の絵を観るのは、苦手だった。
大学の頃、一度だけ美術館に行ったんだけど、
何がすごいのか、わからなかった。
もう、行くことはないなくらいに思っていた。

ただ、今年に入って、新潟市のギャラリー、
「GALLERY N7」に通うようになってから、
「人の絵を観るのも、また刺激になる」という気持ちになって、
先日、前から行ってみたいと思っていた絵を観に行った。

「桜の絵を描いている絵描きさんがいるんだよ」

その言葉が、頭の片隅にずっとあった。
訪れた場所は「中島千波館」。

屏風に描かれていた1本の老木。

「こんなところで、再会できるなんてな」

その1本の老木は、俺が桜を好きになるきっかけをくれた桜だった。

「きれいだなぁ」

その1本の老木、その1枚の絵に見入った。

一通り、見終わった後、
「帰りにもう一度、観ておこう」と、
また、その屏風の前に立つ。


これから、長い冬に突入していく。
いい加減、冬とも仲良くやっていこうと思うけど、
早く会いたいよ。桜。