凡の花

いろいろあるけれど、それでいい

ジャイアンツ愛

「4番、サード・・・・、原」


俺は、子どもの頃、「4番サード、原」に憧れ、
サードというポジションにこだわり、4番を目指した。
そして、高校球児の時に実現する。


その原監督、就任1年目。


ジャイアンツ・・・愛!」


今から5年前、力を込めて、「ジャイアンツ愛」と連呼している原監督の姿を見ていて、
「大丈夫なのか?すごい選手は必ずしも監督としてもすごいとは限らない」という言葉が頭をよぎり、俺は不安を感じた。

ただ、そこは結果で見せる。
就任1年目にして、リーグ優勝、日本一を勝ち取る。

原監督が、発するメッセージは、
時々、俺の心に刺さった。
かっこいいんだよ、原監督のメッセージわ。


そして、昨日。
5年ぶりに、リーグ優勝を勝ち取る。

ここのところ、野球からは、
「あきらめない」というメッセージを、本当に受け取っている。
WBCにしても、高校野球にしても、
そして、今回のジャイアンツにしても。

終盤にきての大混戦。
阪神、中日との三つ巴。

残り試合数から言っても、相当厳しい状況にあったにもかかわらず、
クライマックスシリーズから、日本一を目指せる状況があるにもかかわらず、
そこは、リーグ優勝を目指し実現した。
ただ、ただ、すごい。


何度となく、味わった苦しみは、1日にして、ぶっとぶ。
それが、苦しみの先にある幸せだ。
苦しんだ奴にしかわからない幸せだ。


パ・リーグを勝ち上がり、
北海道で、歓喜を味わっている友よ。


日本シリーズで会おうな。


先に、転けるんじゃねぇぞ。


ジャイアンツ・・・愛。