北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

俺等もジャッキー・チェンが好きだった


「今年は、あんたが作ったパンダちゃんTシャツを着たいから作って」と、
頼まれていたデザインがやっとできた。

北海道の夏が終わるのは早い。
お盆に帰省する時までには間に合わせたい。

パンダちゃんの話は、この楽雲庵塾でも、
何度か書いたことがあるんだけど、
俺が生まれて初めてできた友達とのコンビ名みたいなもんで、
その出逢いに感謝を込めて作ったものだ。

一段落したし、ひさびさに、本でも読んで寝ようかなと、
俺は、昨日、買ってきた金城一紀著の「映画篇」を読み、
ちょうど区切りが良いところになったので本を閉じた。

携帯電話の時刻を見る。
4時。
深夜というか早朝というか微妙な時間。

どうも、眠れない。
明日も休みだから、まぁ良いだろう。

夜中に書く日記は、
夜中に書くラブレターのように、
後で読み返すと、恥ずかしい内容になるかもしれないと思ったけれど、
本を読んでいたら、日記を書きたい気持ちが沸いてきたから、
こうしてパソコンに向かうことにした。

本は、短編集みたいになっているらしく、
その5分の1を読んだことになる。

そこに出てくる主人公と龍一。
どうも、主人公の気持ちが、幼かった頃の俺の記憶と、
少し重なり、俺は、生まれて初めて出きた友達のことを思い出す。
つまり、パンダちゃんのことを思い出す。

そういえば、俺等もジャッキーチェンが好きだった。

一昨年、数十年ぶりの再会を果たした。
その時、俺は「本を出したいんだよね」と話をした。

それから、その友達が、いろいろ応援をしてくれて、
今の楽雲庵塾がある。

ポストカードを作るようになったのも、
本を作ることがきっかけだった。

ちなみに、最近、作った楽雲庵塾の名刺は、
この友達にデザインをお願して完成したものだ。


お盆の頃には、ひさびさに北海道に帰り、
その友達の仕事の休みと合えば、
会うことになっている。