北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

4号生筆頭誕生

「想像以上にきたねぇな」と、俺の家にあがって、友達が発した第一声。

地震のせいだ」と、俺は用意していたセリフをはく。

地震と関係ないだろ?」と言いながら、友達は、風呂場を眺める。

「いや、地震のせいだ。今日は、目をつぶって、我慢して入れよ」と俺は答え、部屋の戸に手をかける。

友達は、すでに服を脱ぎ始めていた。


地震後、俺の家は、電気も水も通常通りに戻った。
たまたま、オール電化で、ガスが復旧していなくても、俺の家は問題ない。
お湯が出る。
そんな仕組みがオール電化

オール電化という響きは、洒落てるけれど、
「使い勝手が悪いなぁ」と思って過ごしていた今のアパート。
ここに来て、オール電化の力が発揮されている。

その友達の家は、ガスが復旧していないから、温かい風呂には入れない。
しかも、地震後、汗だくで働いて、休みなし。


「いや〜、気持ち良かったよ。ドライヤーを貸してくれ」と、
持参したバスタオルで、頭を拭きながら、部屋に入ってきた。

「ドライヤーなんてねぇよ」

「まぁ、いいや」と、友達は床に座る。

「コーヒーでも飲めよ」
先日、母から送られてきた、コーヒーが入っているビニール袋を渡した。


友達の家の様子や、友達の友達の様子を聞き、
いつのまにやら、俺の個展の話になり、
思いのほか、興味を示す。

塾宝指定作品に書かれているメッセージを眺める。


「おまえ、塾長って、呼ばれてるのか?いいなぁ。いいなぁ」と、妙に羨ましがる。

「ああ。そういう設定だからね」

「俺を筆頭にしてくれ」
真剣な顔で俺に聞くもんだから、俺は、どう答えて良いかも困ったんだけど、
塾生を名乗るのも、自称であれば、筆頭を名乗るのも、また自称。
4年目を迎えるから、こいつは、楽雲庵塾4号生筆頭。


何回か、楽雲庵塾を読んでいる人は、ご存知だと思うが、
俺は、「楽雲庵塾塾長、楽雲庵」という名のもと活動をしている。

ここのところ、楽雲庵塾をきっかけに出逢う人達に、
「楽さん」とか、「塾長」と呼ばれるのが、なんか嬉しい。

個展中も、親しみを込めて、「塾長!塾長!」と呼んでくれたのが嬉しかった。
何人かに、「何で塾長なんですか?」って、質問もされて、
「ただ、塾長って、呼ばれたかったんすよ」と、
単純すぎるくらい単純な俺の答えを聞き、
聞いた人達は笑っていた。

「塾長・・・。ただ、呼んでみたかっただけ」
とりあえず、ここを目指していきたい。



「じゃあ、そろそろ仕事に行ってくるわ。また、今度来た時にでも、個展の写真を見せてくれよ」と、小1時間ばかりの時間を過ごし、友達は立ち上がった。

「気にしないで風呂に入りに来いよ。気を遣わないように、俺も、風呂は洗わないでおくからよ」

「あぁ、気にしないで入りにくるよ」


良い機会だから、今度、4号生筆頭が、風呂に入りに来る前に、掃除でもしておくか。