北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

人は、基本的に一人だけど、一人じゃ生きていけない


とうとう、明日、日付では、今日、楽雲庵塾展開催。
先程、準備を終え、帰ってきたところ。

会場となるN7に向かう途中、応援のメッセージが携帯電話に届く。
すごい温っかい言葉で、すごい嬉しくて、
涙を流しながら、作品を運ぶ車を運転する。

まもなく、この楽雲庵塾は、3周年を迎えるんだけど、
本当に、多くの人に支えられた。

作品を作るきっかけを与えてくれた人、
楽雲庵塾のTOPの絵をプレゼントしてくれた人、
楽雲庵塾のタイトルとなる書をプレゼントしてくれた人、
作品にいれる印をプレゼントしてくれた人、
「個展をしてみませんか?」と声をかけてくれた人、
個展を宣伝してくれた人。
俺を応援してくれている人達。

人に支えられているのを、すごい感じていて、
この楽雲庵塾が、ますます好きになった。

今度は、俺の番。

人を楽しませたい。
人に笑顔になってもらいたい。
そんな想いで、準備をしてきた。

今の持っているものを、その場所でぶつける。


今回の個展。
作品展示だけにとどまらず、
その会場自体の空間演出もする。

楽雲庵塾と言えば、「サムライ」。
サムライと言えば、「日本刀(レプリカ)」
会場自体を、楽雲庵塾一色に染める。

「どうするんですか?それ」

「楽しんでもらえなかったら、切腹です」


涙と笑顔の楽雲庵塾展前夜。


人は、基本的に一人だけど、
一人じゃ、生きていけない。



■楽雲庵塾展
時:7.14(土)〜16(月)
場所:GALLERY N7(新潟市中央区東堀通5-443)
料金:無料
お問い合せ:080-1308-0702