北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

楽雲庵塾三周年を迎えるにあたり


「私は戌年で、今年で97歳になる。ところで、君は何年なんだい?」

「29歳、へび年です」

「いや、何年なんだい」

「・・・・・」

「へび年です」


年齢じゃなくて、干支だけを聞きたかったんだな。


木々は、冬の寒さにじっと耐え、
春を迎えて、生き返ったように、
鮮やかな緑色になった。

そんな温かい季節、
再び、おじいちゃんを見かけるようになった。

あいかわらず、その帽子には、花をつけている。
(過去日記:花のついた帽子の物語

俺は、そのおじいちゃんと話をした。

「いつも、おじいちゃんを見ていると、楽しそうで、
俺も幸せな気持ちになっていました。
できれば、一緒に散歩をしたいです」

「今日は、薬屋に行くから、
また今度、一緒に散歩しよう」

おじいちゃんと、散歩をする約束をして、
その日は、終わった。


そのおじいちゃん。
雨が降っていない日には、
毎日のように、同じくらいの時間に散歩をしている。

俺が会って、話しができるのは、休みの日。
そして、雨が降っていない、次の休みの日を待った。

雨が降りそうな日曜日。
俺は、再び、おじいちゃんと話をする。

「できれば、多くの人に、おじいちゃんの話しをしたいんですけど、
写真を撮らせてもらって、良いですか?」

「いいよ、いいよ。写真を撮ってくれるのかね。どこで撮れば良い?」

「いつも通り、散歩してもらってて、かまいません」

「そうかね」


おじいちゃんと俺の2人が、話ていると、
おじいちゃんに会釈をする人、
おじいちゃんに話かけてくる人がいる。

花のついた帽子の話をしてくる人も、やっぱりいる。
「俺だけじゃなくて、このおじいちゃんに元気をもらっている人は、
やっぱり、他にもいるんだなぁ」とわかった。



話は変わり、この楽雲庵塾は、来月、7月19日をもって、3周年を迎える。
あと、約1ヶ月。
そこで、本日、その3周年を祝しての企画を発表したい。


今年の企画は、「個展」をすることにした。
その名も、「楽雲庵塾展」。


この前の土曜日。
その楽雲庵塾展の会場となる場所で、
少しばかり話をしてきた。


花のついた帽子の物語も展示する予定。


詳細は、後日、順を追って、書いていきます。