北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

ホタルイカ 前編

「なんか、しつこく目覚ましがなっているなぁ」と、
眠い目をこすりながら、その音がある場所を探す。

「電話か・・・」

あたりは暗い。
今が何時なのかはわからないけれど、
とりあえず、出ることにした。


「もし、もし・・・」

ホタルイカが上がってきました。これから行きましょう」

「・・・・・」

「ちょっと待て。どう考えても無理」

「ところで今は何時なんだい?」

「3時です」

「絶対、無理」


深夜3時に降り注がれるカウンターパンチ。
こうして俺の1日は始まった。
いや、また眠りについた。

前々からホタルイカを観てみたかった。
ホタルイカは、どうやら青く光るらしいという話を聞いてから、
一度、観てみたいなぁと思っていた。

ホタルイカミュージアムにでも行こうかと思ったけれど、
ホタルイカだけをみに、車を走らせるのもめんどくさい。
「まあ、いずれね」くらいに思っていたわけ。

そうしたら、ホタルイカ漁をしているという後輩に出逢った。
ホタルイカを一度観てみたかったから、つれてってくれ」って、
頼んだんだけれど、どうも、ホタルイカ漁は、深夜に行われるらしい。
夕方くらいかと思っていたら、深夜らしい。
命がけ。


今日の朝、8時。
再び、電話がなる。

ホタルイカとってきたんで、渡したいんですけど・・・」

「いや、これから仕事があるから無理」


やっぱり、ホタルイカから始まった1日。



あと、1時間後。
4月21日、深夜1時。



俺はホタルイカ漁に出かける。



すでに眠い。