北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

『陽気なギャングの日常と衝撃』伊坂幸太郎:祥伝社

前に紹介した『陽気なギャングが地球を回す』の続編。
ありえない展開、ありえない登場人物なんだけど、今回もおもしろかった。

初めは、短編小説みたいな形で、銀行強盗4人組のそれぞれのストーリーで、
すすんでいくんだけど、微妙にリンクしていく。

そのリンクのさせ方が、絶妙で巧妙。
本当にうまい。
プロの仕事だと思う。

伊坂幸太郎の本に出てくる登場人物のセリフもカッコイイ。
出版されている他の本も読んでみようかと思う。
文庫本にならないかなぁ。