北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

教育実習�F その後

あっという間の2週間の教育実習は終わった。

3月、教育実習で出逢った生徒から連絡がきた。
卒業式に出席して欲しいとのことであった。
担任の先生との最後の別れなどを考えた結果、卒業式には出席しないことにした。
参加しないで、何かできないか考えた結果、一人ずつに手紙を書くことにした。
教育実習の目標だった「全員と話をする」ということが達成されていなかった。
一人の生徒と話をしていなかった。その一人に、メッセージを送るためにも、一人ずつの手紙が一番良いと言うことになった。
その手紙は、担任の先生にお渡しし、卒業式当日、みんなにくばってもらった。


「今もみんな元気か?」
「仕事で壁にぶちあったていないか?」
今も時々、みんなのことを思い出している。