北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

baseball

侍ジャパンU-18代表第1次候補選手から夏の甲子園注目校を見てみる

今年9月3日から宮崎市で開催される「第12回BFA U18アジア野球選手権大会」に出場する侍ジャパンU-18代表の第1次候補選手30名が発表された。今後は、夏の甲子園、全国大会に出場していない選手も含めて選考対象とし、18名を決定する予定。 www.japan-baseball…

【まとめ】明治神宮大会から春季高校野球大会までの上位チーム

自宅の本棚には、野球本ばかりを集めた野球本コーナーがある。 あるが、あまり読んでいない。ただ、集めているだけ。 それなのに、先日も、また野球本を買ってしまった。 (062)高校野球100年を読む (ポプラ新書) 作者: 小野祥之,『野球太郎』編集部 出版社/…

札幌第一が28年ぶりV!近畿大会は、センバツ決勝が再現!

仕事でよく通る道路沿いに「松喜」というラーメン屋がある。そのラーメン屋を見るたびに、松井秀喜を思い出す。松井の「松」に、秀喜の「喜」で、「松喜」。どーでも良い話だけど、あまりにも毎日、松井秀喜を思い出すもんだから、書いておきたくて。 そんな…

オールスターファン投票中間発表

雨が降った。 雨が降ったけど、残念ながら高校野球は中止にならなかった。 たぶん、決勝は日曜日に行われる。 そうなると、私は、仕事の都合で観ることができない。 そもそも、雨が降って、決勝が月曜日に延期にならないかという考えが、自分よがりかもしれ…

春季北海道高等学校野球大会が開幕!49年ぶり富良野が登場!

駐車場に車を停め、外に出ると、球場からスターティングメンバーの発表がアナウンスされるのが聞こえて来た。いてもたってもいられなくなり、足早に球場を目指した。 500円を支払い、球場の中へ。春だというのに、想像以上に観戦者がいる。私はバックネット…

春季高校野球は、東海大会、関東大会の王者が決定!

このブログを読みに来てくれている人が、野球の記事を楽しみにしているかは、甚だ自信はないが、野球のことを語らずにはいられない。 春季北海道高校野球大会28日開幕 春季北海道高校野球大会が、28日に円山球場で開幕する。 出場校16校の中に我が母校の名前…

新人本塁打記録を更新するのは清宮幸太郎しかいない!

清宮幸太郎のデビューは、連続試合安打「7」というプロ野球記録で幕を開けた。 連続試合安打がかかっていたというのもあるだろうが、「清宮の打席を見たい」と思わせてくれる。そんな打者は、そんなにいない。 清宮といえば、本塁打。 高校通算本塁打111本の…

大阪桐蔭に勝つまであと1死

大阪桐蔭に勝つまであと1死。 8回終わった時点で、4-1で寝屋川がリード。 9回、失策がなければ勝っていた。 www.asahi.com 寝屋川を調べると、府立の進学校。 夏の甲子園出場1回、センバツに2回出場している。 春季大会、現在も各地で行われているんだけど、…

夏の甲子園の前哨戦。春季大会に注目!センバツで活躍した高校は !?

高校野球の大会は、秋、春、夏と計3回開催される。 センバツの出場がかかっているのが、秋の大会で、夏の甲子園は、夏の大会。その夏の大会のシード争いをするのが、春の大会。 これまで、春の大会に注目したことはなかったけれど、今年は、センバツもほぼ毎…

【永久保存版】全国高校野球大図鑑2018

エンジェルスの大谷すごいね〜。3試合連続本塁打。怪我だけには気をつけて頑張って欲しい。 先日、野球太郎の全国高校野球大図鑑2018を買った。 野球太郎SPECIAL EDITION 全国高校野球大図鑑2018 (廣済堂ベストムック 369) 出版社/メーカー: 廣済堂出版 発売…

プロフェッショナル仕事の流儀・プロ野球スカウト・苑田聡彦がおもしろかった

録りためていたプロフェッショナル仕事の流儀を観た。 プロ野球スカウト・苑田聡彦。 球界最年長スカウトであり、江藤、金本、黒田、丸を発掘した広島東洋カープのスカウト。苑田さんは、打者では、すばらしい三振があるかどうか。投手の制球力は内野手の動…

【センバツ高校野球】大阪桐蔭が優勝。史上最強世代。

センバツ高校野球第90回記念大会は、大阪桐蔭が5-2で智弁和歌山を下した。 史上最強世代と呼ばれる今年の大阪桐蔭。前評判通りの力を発揮するのがすごい。なぜ、ここまで強いチームを作りあげることができるのか。 number.bunshun.jp number.bunshun.jp 大阪…

【センバツ高校野球】準決勝は2試合ともに延長に突入!

センバツ高校野球準決勝は、おもしろかった。 第一試合の東海大相模ー智弁和歌山。 6回を終わった時点で5-10。5点差。エラー3。東海大相模はエースの齋藤。このまま終わるような雰囲気なのに、ここから逆転するのか。結果を知っているから、なおのことすごい…

【センバツ高校野球】壮絶な打ち合いを制したのは智弁和歌山だった。

甲子園は、だいたい、インターネットの動画で観ているが、今日は、テレビで録画して観た。テレビの良いところは、大画面で観れることと、早見早聞機能(早送りしながら再生)がついていること。 第2試合、智弁和歌山ー創成館を早見早聞で観る。 智弁和歌山…

【センバツ高校野球】今年の主役の一人。春の8強出揃う。

9回表。明秀日立の投手、細川がレフトスタンドに本塁打を放った。ダイヤモンドを周る姿を見て、今年の主役の一人なんだろうな、と思った。負けはしたものの、素晴らしい試合だった。 number.bunshun.jp Numberの記事を読み、スクイズ封印宣言に興味を持った…

【センバツ高校野球】秋の優勝校、準優勝校が登場

センバツ高校野球大会第8日は、秋の明治神宮大会、優勝の明徳義塾と、準優勝の創成館が登場。 日本航空石川が9回逆転サヨナラホームランで明徳義塾に勝った。 www.asahi.com 日本航空石川の9回裏の攻撃。先頭の井川が安打で出塁。ノーアウト1塁。定石では犠…

【センバツ高校野球】1回戦敗退が当たり前だった高校が甲子園に出場

今大会、注目していたチームが甲子園を去った。富島だ。春夏通じて初めての甲子園だった。 富島を注目していたのは、1回戦敗退が当たり前の高校が、甲子園に出場したからだ。しかも5年という短さで。 sportiva.shueisha.co.jp 私も甲子園球児だったので、1回…

【センバツ高校野球】ダブルエース

仕事の日や、休日でも外出して観れない試合は、自宅に帰って来てから観ている。日によっては、観ながら寝ていることもある。なんて良い時代だ。 mainichi.jp センバツ高校野球第6日第2試合乙訓(おとくに)ーおかやま山陽。初出場対決は、乙訓が制した。 …

【センバツ高校野球】東の横綱登場

東の横綱 センバツ高校野球大会第5日。注目していたのが、聖光学院ー東海大相模の一戦。東海大相模は、東の横綱と呼ばれ、大阪桐蔭とともに優勝候補のトップ2にあげられる。 number.bunshun.jp あれよ、あれよ、という間に点数を重ね、試合が終わってみれば1…

【センバツ高校野球】三塁ランナーをいかに返すか。ゴロゴーという作戦

ゴロゴー センバツ高校野球大会第4日目。第1試合、創生館ー下関国際。創生館の2点目の得点が、ゴロゴーと呼ばれる。ゴロゴーとは、ノーアウトかワンアウトで、ランナーが三塁にいる時に、打者がゴロを打ったと同時にホームに突っ込むというもの。ギャンブ…

【センバツ高校野球】明治神宮大会からセンバツ高校野球をみてみる

センバツ高校野球第3日目 明徳義塾ー中央学院 この時期の車中のBGMは高校野球。 ラジオからは第一試合、明徳義塾対中央学院が終わった後の監督インタビューが流れていた。馬淵監督は「野球は怖い」と、何度も発していた。 仕事を終え、自宅に帰ってきてから…

【センバツ高校野球】セーフティースクイズ

春到来。本日より選抜高校野球が開幕。またこの季節がやってきた。 本日の注目した試合は、東筑ー聖光学院。 ここ数年、福島県勢は聖光学院しかみていないような気がする。そう思って、調べたら、聖光学院の出場は5年ぶり。あれ?この5年間で福島県勢自体が…

24歳以下

侍ジャパンシリーズ2018日本vsオーストラリアをテレビ観戦。 昨年、行われたアジアチャンピオンシップ2017に召集されていた24歳以下の選手も何人かフル代表に召集されていて、ついつい目がいく。 外崎修汰(西武)、西川龍馬(広島)、松本剛(日本ハム)、…

プロ野球監督No.1は誰だ!?

自宅に帰り、ついているテレビを観ると、プロ野球の特番だとすぐにわかった。 プロ野球ファンがガチで投票!プロ野球総選挙。 すでに野手部門第5位が発表されているところで、録画していないことを悔いた。 現役、OB、外国人選手8800人の中から、投手部門、…

年末年始プロ野球特番4選!

先日、たまたま普段、行っていないコンビニに立ち寄ったら、侍ジャパンチップスが売っていて、買い占めて帰ってきた。 侍ジャパン チップス 22g 24個入×6BOX カルビー プロ野球チップス 侍ジャパンカード付 12月11日発売予定ジャンル: トレーディングカード…

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017

昨日、アジアプロ野球チャンピオンシップ2017をテレビ観戦。24歳以下あるいは入団3年以内という参加条件があったことをテレビを観て知る。 やはり代表戦はおもしろい。 東京オリンピックが3年後。24歳の選手が27歳。ちょうど脂がのってくる時期。今回のアジ…

自分でコントロールできないものに気を病むのではなく、できることを精一杯やろう

私の書斎には、野球コーナーがあって、野球コーナーの中に松井秀喜の関連本が10冊ある。歴代野球選手の中で一番好きな選手が松井秀喜。 以前、テレビで見た、松井秀喜を特集している番組で、いろんな人が、松井は、野球、ファン、チームメイトに対して敬意を…

花巻東時代の大谷翔平の目標設定がすごい!

野球に関する記事は、アンテナを張り巡らせていたはずなのに、大谷翔平選手とマンダラチャート(もしくはマンダラート)を先日、初めて知った。 上の図が、大谷翔平選手が花巻東時代に書いたマンダラチャート。 目標達成だったり、課題解決のために使われる…

僕たちのクライマックスシリーズ

広島とソフトバンクが、優勝したのは知っているけれど、私の中のペナントレースは、いつからか終わっていて、テレビ観戦すら久方していなかった。たぶん、日ハムが、クライマックスシリーズにも進出できないとなんとなくわかった頃だろうか。生粋の日ハムフ…

DeNAが強くなった理由。ラミレス監督は理想とする上司なのかもしれない。

yakyutaro.jp この記事を読んで、DeNAが強くなった理由がわかった気がした。 と同時に、上司として必要なことは共通するかもしれないな、と思った。 DeNAは、2002年から2015年までの13年間、Aクラスになったのが、2005年の1回だけ。あとの12年は、すべてBク…