北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

このマンガがおもしろい2022

 意識せずに、疲れたあ、と何度となく呟く日も珍しい。まさしく疲労困憊で、次の日が休みで良かった。

 朝起きて、除雪をして、マンガを読んでいたら寝ていて、遅めの昼食に、いつものラーメン屋に行き、醤油ラーメン大盛を食べ、その足でTSUTAYAに借りた本を返して、また新たなマンガを借りて帰り、マンガを読んで、一日が終わった。

 というわけで、今日も、そんなマンガのことを書く。まずは、諫山創進撃の巨人』。今更。以前も読んでいたのだが、話についていけなくて読むのをやめた。が、先日、テレビで、何巻までだったか、〇〇巻までは、絶対読んで、という紹介のされかたをされていて読んでみたくなった。おもしろい。読みながら、フィクションではあるが、フィクションではないような感覚となった。現在、25巻を読んでいるところで、あと9巻で完結するのか。どうなるのだろう。

 続きまして、山口つばさ『ブルーピリオド』。芸大を目指す高校生の物語で、会社の後輩から、猛烈にプッシュされたマンガ。TSUTAYAでは1,2冊ずつ借りてきて、今も読んでいる途中ではあるが、ところどころ交わされる言葉が良くて、携帯にメモしながら読んでいる。

 好きなことは趣味でいい。これは大人の発想だと思いますよ。頑張れない子は好きなことがない子でしたよ。好きなことに人生の一番大きなウェイトを置くのって普通のことじゃないでしょうか?好きなことをする努力家は最強なんですよ。山口つばさ『ブルーピリオド』1巻

 をのひなお『明日、私は誰かのカノジョ』。主人公の女性が、デートをするバイトといえば良いのか、バイトで誰かのカノジョをしている。こんなサービスは実在するのだろうか?東京とかにあるのだろうか?感情移入しながら読んでいる。