北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

7歳から45歳、そして人生最期。そのときに読みたい本。

 kindle unlimitedが、月額99円となっていたので、衝動的にクリックし、以前から読みたかった雑誌を読んだ。&Premiumを読むのは初めてで、読書を特集していたので、読みたかった。コンビニなんかで、雑誌コーナーをなんとはなしにながめ、読書が特集されている雑誌を見つけると、手にとりたくなってしまう。

 で、その&Premiumに、7歳から45歳、そして人生最期。そのときに読みたい本というページがあって、8人の文筆家や詩人や編集者なんかが、おすすめの本を紹介していた。読みながら、私だったらと考えていたので、せっかくだから、このブログにも書いてみようと思うに至った。

 7歳で読みたい本。なぜ、7歳なんだろう。7歳といえば小学2年生で、区切りが悪いし、なぜ6歳ではないのだろうというところが気になるが、7歳で読みたい本は、アーノルド・ローベル『ふたりはともだち』だ。このがまくんとかえるくんシリーズが好きで、ふたりはともだちではなくても良いのだけど、がまくんとかえるくんシリーズを選びたかった。自由奔放ながまくんに、やさしいかえるくんの物語。私の小学生のときは、本は好きだったけれど、あまり活字だらけなものを敬遠していて、どちらかというとというか、挿絵が入っている本しか読めなかった。大人の今、読んでも、このがまくん、かえるくんシリーズはおもしろい。

 12歳で読みたい本。小学6年生かあ。中学生じゃないんだあ。この頃になると、よく漫画を読み、今、振り返っても、この頃、読んだ漫画が、私の人生にかなり影響している気もする。私が、今の仕事に興味をもつきっかけになったのも、『ろくでなしBLUES』という漫画だったし。というわけで、12歳で読みたい本は、漫画を選びたい。で、どの漫画かとなると、『ONE PIECE』。かなりの王道を行っている感は否めないけど、『ONE PIECE』ははずせない。

 17歳で読みたい本。迷うところだけど、ツチヤタカユキ『笑いのカイブツ』かなあ。高校2年生から3年生の時期って、進路というか、将来の選択をする時期で、この本は、たぶんだけど、そんな人たちの背中を押してくれるのではないだろうか。

  20歳に読みたい本。私は大学2年生でした。浪人したので、現役で合格した人にすれば、大学3年生でしょうか。20歳の頃の思い出といえば、インドにひとり旅に行ったことが一番、印象深い。もうちょっと、その先の大学を卒業して、社会人になりたての頃までに薦めたい本となると、鹿子裕文『ブードゥラウンジ』を今は選ぶだろう。自分の好きなことで、人と出会うということがどれだけ素晴らしいことかが、この本にはあると思うから。

 27歳で読みたい本。ここでもなぜ27歳なのだろうと思ってしまう。桜井鈴茂アレルヤ』かなあ。27歳というと、転職を考えたり、結婚を考えたり、ある意味、人生で何かを決断する時期のような気もする。『アレルヤ』は、そんな決断する人たちに贈る本というわけではない。桜井鈴茂さんの本は、どちらかというと、うまく人生を生きられないというか、不甲斐ないというか、そんな人が主人公が多くて、うまくいかないことの多い世の中で、桜井鈴茂さんの本と出会えて良かったと思っている。

  35歳で読みたい本。もはや、これを書いていること自体が飽きてきた。35歳の次が45歳で、最後が、人生、最期に読みたい本。人生、最期に読みたい本を考えるのは思いつかないかなあ、と思ったけど、35歳、45歳もなかなか大変。と、いうことで、今日は、この辺で。