北の凡

いろいろあるけれど、それでいい

読書する人だけがたどり着ける場所

仕事始め。だとは思えないほどの怒涛のエンジン全開の仕事量。ああ、だるい、とか余計なことを考える隙間がなくて、良いといえば良いのだが。

 

数日前、齋藤孝『読書する人だけがたどり着ける場所』を読んだ。

 

本屋で見かけて、読んでみたいと思っていた本。タイトルが気になるよね。読書する人だけがたどりつける場所ってどこ?と思いながら読んだ。

 

たどり着けのは、深みのある人間。深みとは何か?という話はあるが、なんとなくはわかる。読書以外にも、方法はあるのではないか、と思わなくもないが。読書も一つの方法ではあるだろう。

 

あるテーマについて知りたい場合、続けて5冊読むと、だいたいの知識は得られるというようなことが書かれていて、確かに、最近、デザイン関係の本を3冊ほど読んだけど、書いている人が違うのに、デザイナーの思考は、どこか共通点があるような気がしている。

 

読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書)

読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書)